« 栗きんとん | トップページ | 雪景色 »

2010年12月28日 (火)

宥恕

海老蔵の記者会見が始まったので本を読みながら聞いていたら引っかかる言葉が・・・・

「宥恕(ゆうじょ)」である。意味は[寛大な心で罪を許すこと]=要は許してやるってこと

実生活でこの言葉が使われるのを聞いたのは もしかしたら生まれて初めてかもしれない。こんな言葉を実際に使うことなんかあるもんか と思っていたのだがなあ。法曹界では生きている言葉だったとは知らなかった。

これってずいぶん上から目線の言葉じゃないか?

実際にケガをしている(らしい)元暴走族リーダーに対しては「一切やっていない」と言い続けているわけだから海老蔵は謝っていないだろうし これからも謝らないだろう。自分のことは棚に上げておいて伊藤リオン容疑者のことは「宥恕してやる」ってのも どうよねえ と思ったわけだ。

「寛大な心で罪を許す」というより ずっと許さずにいて、すごくまずいことが後から
法廷でばれたら困るから示談したってだけなのはみえみえじゃないか。

だから「宥恕」と聞こえた途端に その違和感に引っかかってしまったのだ。

そうか~伊藤リオン容疑者は「宥恕」してもらったわけね~。良かったね~ってな感じ。

« 栗きんとん | トップページ | 雪景色 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 栗きんとん | トップページ | 雪景色 »