« 電池式電動鉛筆削り再び | トップページ | 地震の爪痕 »

2011年3月11日 (金)

震度6弱

大地震である。
東西方向にものすごい横揺れだった。
娘と2階にいたのだが玄関を開けるために階段を下りるのが大変だった。外に出たら近所の人たちがみんな出て来ていた。道端に座り込んで泣いている人もいたそうだ。

大きな余震も何度もあったし、小さな余震も多くて今もまだユラユラ揺れている。小さな揺れはあまりにも多いので船酔いみたいで気持ち悪くなりそう。
こんなにユラユラしていたら気が気じゃないから今日のレッスンは全部お休みにした。携帯がつながらないので連絡つけるのが大変だった。

うちの被害は
自転車が2台倒れた
本が何冊か本棚から飛び出した
棚の上から桐箱入りそうめんが落ちてテーブルにあったコップを割った
息子のガンプラが全部落ちた
犬の水皿の水が飛び散って床がびしょびしょになった
程度で済んだが。

息子の中学では大きな揺れの時 女の子たちが泣いたのだと。それで「これくらいで何だ」と言ったら殴られたそうだ。全員で校庭に避難して部活中止で完全下校になったので5時前に帰ってきた。

娘は5時からバイトだったので行ったらスーパー自体が臨時休業になって閉まっていて「今日は休みだ」と言われて帰ってきた。携帯がつながらないので連絡できなかったとのこと。パン屋はオーブンをすぐに止めて焼きかけのパンと店に並べてあるパン全部を廃棄処理会計して閉めたのだそうだ。外のケンタもパスタ屋も閉まっていたそうだ。

近所のお蕎麦屋さんによると「釜のお湯がバッシャンバッシャン飛び散った」ということだからフライヤーの油も大変なことになっていたのだろうな。

今後どうなるかわからないので とりあえずできることを考えて、夕飯後もう一度お米を炊いておにぎりを作り 食パンを2斤買ってきて お風呂をきれいに掃除してお湯をはり 炊飯器のお釜と鍋と洗い桶に水を溜めておいた。今日はお風呂には入らずシャワーだけにしておく。カセットコンロの点検もOK。お餅もあるしチョコレートも卵もある。電気と水道が止まってしまっても家さえ無事なら これで1日2日は食いつなげるだろう。

被害がひどかった地方の人たちのことを考えると・・・・・他人ごとでは済まされない事態になっている。

« 電池式電動鉛筆削り再び | トップページ | 地震の爪痕 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電池式電動鉛筆削り再び | トップページ | 地震の爪痕 »