« 誰だ? | トップページ | 芥川製菓の被災地支援セール »

2011年4月21日 (木)

1/5

イマドキの小学生女子で普通の赤いランドセルを背負っている子の割合が1/5なのだそうである。4/5はピンクなどの他の色ってこと(本日発売の週刊誌情報より)

それで思い出したのだが
まだ現職であった22、3年前、出張から帰って来た同僚が「今はランドセルって赤と黒だけじゃないんですね~。ピンクだの青だのの子が歩いててびっくりしちゃいました~」と言ったのだ。まだ2年目の若い子だから私より10歳くらい年下。

それで私の方がびっくりしてしまって「そんなの私が小学校に入る前から売ってたわよ。私のランドセルはサーモンピンクだったし友達は黄色だった。緑の子も青の子もいた。」と言ったら「エ~~~~
sign03sign03」と超弩級の声で驚かれてしまった。

私にしてみたら「何を今頃言ってるのか」だったのだが、彼の小学校にはカラーランドセルの子は「ひとりもいなかった」から「そんなの見たことがなかった」らしい。

「だって先生が小学校入学したのって25年以上前
現時点から言ったらほぼ50年前だ)でしょう?そんな時期にそんなランドセル売っていたんですか~?」って。失礼なannoy。そりゃ確かにアンタが生まれる前のことだけどさ だから何だってんだよbomb

それで「日本橋三越には紫だって茶色だって緑や青だって何だって色とりどりのがいっぱい置いてあった。ピンクだって薄いピンクから濃いサーモンピンクまで色調がちがうのがいくつもあって、その中から自分で選んだのだから確かである。」と言ったらまた「エ~~~~~
sign03sign03」であった。

信じられないかもしれないがホントに50年近く前だって(たぶんそれ以前から)日本橋三越ではカラーランドセルを売っていたのだ。時代が時代だからもちろん全部牛革製。ものすごく高かったらしいtulip

彼はそのあと職員室中にふれ回って他の先生たちのランドセルの色のリサーチをしておったな
coldsweats01。結果は知らない。

ちなみに私の母は「私立の子みたいに黒がいい」と言ってなかなかあきらめなかった。私的にはその選択の方が 当時としてはかなり一般的ではなかったと思う。ピンクも相当一般的ではなかったけどね。

うちの娘はいくら他の色を勧めても「普通の赤いのがいい」と言って譲らなかった。保守的なヤツである。

息子は「お姉ちゃんと同じランドセルしょって小学校に行くの」と言って強硬に赤いのを欲しがった。小学生=おねえちゃん?ヤツの目には「お姉ちゃん」しか見えていなかったのか?視野が狭いにもほどがある。売り場でよその人に「男の子が赤いの背負ってたら笑われるよ」と言われて かなりシブシブ断念したのだ
(実態は「好きなの買ってくれるって言ったじゃないか~!赤いのじゃなかったら もう何でもいい!」と投げたので自動的に黒になっただけ)。考えようによってはそれも選択肢のひとつではあるのだな。青を選ぶのと同じように赤を選んだと思えば。赤いのを買ってやってたらどうなってただろうね。平気で6年間しょってってたかな?今になってちょっと残念な気もする。

« 誰だ? | トップページ | 芥川製菓の被災地支援セール »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 誰だ? | トップページ | 芥川製菓の被災地支援セール »