« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

ど根性ビオラ

Dscf4163
うちの塀は 縁石との隙間に雑草がはびこるので定期的に草取りをしている。その時に雑草でないもの(ポーチュラカとかベゴニアとかビオラとか)は残しておくと こう なるのだ。

今年はビオラが門柱と縁石の間のほんの少しの隙間から いつの間にか生えて来て花を咲かせてた。種が落ちて生えたのだろうが植物の生命力には感心させられる。

去年は塀に沿ってポーチュラカがズラ~~っと生えて それはそれはすごくゴージャスだった。あれだけたくさん生えていたのだから 種が落ちていて今年もポーチュラカが生えて来るかもしれない。

さてさて このど根性ビオラはいつまで元気に花を咲かせてくれるかな。

2011年4月29日 (金)

那須も春

Dscf4112_2
先週のカタクリ
Dscf4138
これも先週のヤシオツツジ
Dscf4149
今日のムスカリ
Dscf4150
これも今日のニラバナ
Dscf4156
ドーンと 今日のタラノメ
5/2には食べごろになってそうだけど もしかしたら地元の人に盗られてしまうかもしれない。別荘に人がいない平日をねらって盗りに来るんだもの。敷地内にいっぱいあっても去年は全部盗られていた。無事を祈るばかりである。

2011年4月28日 (木)

ブラインドの掃除

さわやかで良く乾きそうだったので、レースカーテンを洗濯しようとはずした。

丸見えになったブラインドの汚れが気になったのでウェットティッシュでこすったらすごいことになってしまった
sweat01汚れのシマシマ・・・・キャー(lll゚Д゚)

思っていた以上にホコリや汚れがひどかったのだな。

「掃除しなきゃ」と 洗剤革命の水溶液を吹きかけてこすったら もっともっとすごいことになってしまった
sweat02・・・汚れのシマシマシマシマ・・・・ギャー(。>0<。)!

「一枚ずつやらなくてはダメか」と上から一枚ずつこすってみた。非常に非能率的で大変な作業である。そりゃ拭いたところはキレイになったけどさ。

それで閉じておいて洗剤革命を全体にシュパシュパかけて上からザーっと拭き下ろしてみたら⇒笑えるくらい全体がシマシマになってしまった
happy02オイオイ・・・

そうしているうちにカーテンの洗濯が終わったのでブラインド掃除はやめた
rundash

あとは日曜日に
ブラインドをはずして
  

駐車場にビャ~っと広げて
  ↓
洗剤革命をジャバジャバかけて

  ↓
タワシでガシガシやって
  ↓
ホースで洗い流して

  ↓
立てて乾かして

いいとも やってやろうじゃないか~
punchsign03

2011年4月27日 (水)

連休とは言っても

世間は10連休とか言っているが学校は暦通りにやっているのである。だから5/3~5の3日間以外 全然連休にはならない。

親も土曜日は仕事が入っているし、とんでもなくイレギュラーな飛び石連休である。

行ったり来たりしているとガソリンや高速代が嵩むだけだしどうしようか という相談をしているところ。

今日から娘の大学も始まった。
今日明日と5/2に行って 授業は5/6からである。
今日定期を買っても6日間損してしまうので5/6に買うことにした。そうすると8/5まで定期が使えるようになる。去年は8/5まで試験で、8/6から夏休みだったから それで夏休みまでもつ予定。今年は開始が遅かった分試験が終わるのも遅いかもしれないので どうなるか。

なんだか あっちもこっちもイレギュラーである。

2011年4月26日 (火)

少しだけ健康的

今日は6キロ離れたお客さんの所まで自転車で行った。

帰りにイオンのスーパーで買い物。
自転車なのにいつもの調子で買ってしまって「しまった!」だったがカゴに積み上げて苦労しながら帰った。跳ねるから歩道の段差ってキライよ!

ちょっとだけ健康的なことをした気分になった。

2011年4月25日 (月)

ベランダ掃除とゴミ捨てと

昨日 小さいベランダの軒からネットを垂らしたので作業するために自動的にゴミを片づけることになり、ついでに12畳の方のベランダの隅にずっと置きっぱなしになっていたゴミも片づけた。

使わなくなってバラしたまま積んであったプラスチックの温室とか昔トイザラスで買った子供用すべり台とか古くなったよしずとか・・・ひどいもんだ・・・・怠けていたツケ・・・・・

温室の残骸とすべり台の残骸は車に積んで粗大ごみとして環境センターに持ち込んで捨てた。明日は燃えるゴミの日だから よしずとすだれは娘が指にマメを作りながらハサミでチョンチョンに刻んでゴミ袋に入れた。けっこう時間がかかった。

まだ大きいほうのベランダには夫が熱帯魚に凝っていた時に使っていた水槽(たくさん)や器具やなんやらかんやらがいくつも置いてあるし、全部スッキリさせるにはまだまだ手間がかかる。少しずつ進めるしかない。

仕事が忙しくて時間がないのを言い訳にして放っていたけど、今は時間があるからやるしかないのだ。

でもさ、自分(←夫)が趣味でやっていたことの後始末は自分でやってほしいものだ。

2011年4月24日 (日)

ヘチマ ゴーヤ 坊ちゃんカボチャ

「今年は西側のベランダの日よけにヘチマとゴーヤを植えるのだ」と言っていた夫。

この間からジョイフル本田で緑色のネットを買ってきたり庭の塀近くを掘り返して肥料を混ぜ込んだりしていた。

今日は那須から早くに帰って来て「裏のホームセンターに行こう」と。

一緒に行ってカーテンヘチマ(1)と白ニガウリ(2)と坊ちゃんカボチャの苗(1)を買って来た。カーテンニガウリというのもあったのだが白ニガウリは柔らかくて苦味が少ないと書いてあったのでそれになった。坊ちゃんカボチャは 以前園芸番組で小玉スイカを棚で作るのをやっていたからきっとカボチャも大丈夫だろう ということで植えてみることにした。

2階のベランダの軒先から手すりを越え、キウイ棚(今キウイはない)の針金を切って緑色のネットを垂らして張り、地面に固定した。その脇に間隔をあけて4つ苗を植えて終わり。

ベランダの半分近くを軒下からず~~っと緑色のネットが覆っていて道路から見ると なんか異様である。苗が伸びてくるまでこの異様さは続くのだな
sweat02

首尾よく生ったとして、坊ちゃんカボチャは楽しみだがゴーヤなんて誰が食べるのだ。ヘチマは水に浸けて繊維だけにしてお風呂で体洗いに使うのか?というか大量に採れてしまったらどうしよう。

2011年4月23日 (土)

夜遊び

大震災以来 初めて友達とcafeして来た。
やっと本格的に普通に戻ってきたような気がする。
今まで気分的に
cafeするどころじゃなかった。

夜遊び(?)であるcoldsweats01
3時間半しゃべりまくり。

年度をはさんでいて、お互いに
いろいろ話すことが溜まっていたから出るわ出るわ 止まらない。

楽しかった。



2011年4月22日 (金)

芥川製菓の被災地支援セール

芥川製菓の被災地支援セール

今日は今年最後のセールの日(もしかしたら5月にもやるかもしれないが)なので駒込本社に行って来た。

3月の時とは違うのがいろいろ出ていた。定番品はもちろんあるが、詰め合わせは前回と中の種類が違っていたり春っぽいチョコがあったりで楽しい。

奥のピンクの風呂敷包には桜のチョコとクランチチョコが入っている。風呂敷も小型だがあとで使える。賞味期限4月中なので100円。

手前右側の箱入りは これが4箱入って300円。

手前左側には詰め合わせの中からかわいいのを選んでみた。ソフトクリーム型とか桜型など。

他にプラスチックのバットの中にボールチョコ7個入りのが100円など。

もちろんシェル型マーブルチョコは外せない(息子は「ホタテ」と言うがsweat01

自粛ムードのせいか3月よりお客さんは少なかったかも。中には途切れずにいっぱいいたけど行列が短かった。

1個買うと10円が被災地に寄付されるのを免罪符にして けっこうたくさん買ってしまった。来年2月まで買えない(通販があるけど)と思えば・・・・

2011年4月21日 (木)

1/5

イマドキの小学生女子で普通の赤いランドセルを背負っている子の割合が1/5なのだそうである。4/5はピンクなどの他の色ってこと(本日発売の週刊誌情報より)

それで思い出したのだが
まだ現職であった22、3年前、出張から帰って来た同僚が「今はランドセルって赤と黒だけじゃないんですね~。ピンクだの青だのの子が歩いててびっくりしちゃいました~」と言ったのだ。まだ2年目の若い子だから私より10歳くらい年下。

それで私の方がびっくりしてしまって「そんなの私が小学校に入る前から売ってたわよ。私のランドセルはサーモンピンクだったし友達は黄色だった。緑の子も青の子もいた。」と言ったら「エ~~~~
sign03sign03」と超弩級の声で驚かれてしまった。

私にしてみたら「何を今頃言ってるのか」だったのだが、彼の小学校にはカラーランドセルの子は「ひとりもいなかった」から「そんなの見たことがなかった」らしい。

「だって先生が小学校入学したのって25年以上前
現時点から言ったらほぼ50年前だ)でしょう?そんな時期にそんなランドセル売っていたんですか~?」って。失礼なannoy。そりゃ確かにアンタが生まれる前のことだけどさ だから何だってんだよbomb

それで「日本橋三越には紫だって茶色だって緑や青だって何だって色とりどりのがいっぱい置いてあった。ピンクだって薄いピンクから濃いサーモンピンクまで色調がちがうのがいくつもあって、その中から自分で選んだのだから確かである。」と言ったらまた「エ~~~~~
sign03sign03」であった。

信じられないかもしれないがホントに50年近く前だって(たぶんそれ以前から)日本橋三越ではカラーランドセルを売っていたのだ。時代が時代だからもちろん全部牛革製。ものすごく高かったらしいtulip

彼はそのあと職員室中にふれ回って他の先生たちのランドセルの色のリサーチをしておったな
coldsweats01。結果は知らない。

ちなみに私の母は「私立の子みたいに黒がいい」と言ってなかなかあきらめなかった。私的にはその選択の方が 当時としてはかなり一般的ではなかったと思う。ピンクも相当一般的ではなかったけどね。

うちの娘はいくら他の色を勧めても「普通の赤いのがいい」と言って譲らなかった。保守的なヤツである。

息子は「お姉ちゃんと同じランドセルしょって小学校に行くの」と言って強硬に赤いのを欲しがった。小学生=おねえちゃん?ヤツの目には「お姉ちゃん」しか見えていなかったのか?視野が狭いにもほどがある。売り場でよその人に「男の子が赤いの背負ってたら笑われるよ」と言われて かなりシブシブ断念したのだ
(実態は「好きなの買ってくれるって言ったじゃないか~!赤いのじゃなかったら もう何でもいい!」と投げたので自動的に黒になっただけ)。考えようによってはそれも選択肢のひとつではあるのだな。青を選ぶのと同じように赤を選んだと思えば。赤いのを買ってやってたらどうなってただろうね。平気で6年間しょってってたかな?今になってちょっと残念な気もする。

2011年4月20日 (水)

誰だ?

CMを見ていて
「この男の子 何ていう人だっけ?オグラジュンとか言う人?」と言ったら娘が「ちがうよ~ナントカジュンて言うんだよ」と。

しばらく考えて「ナントカジュンイチじゃなかった?ナニジュンイチだっけ?ジャニーズの人?」と私。

「オカ・・オカ・・・オカモトジュンイチじゃなかったかな~?」と娘。夫や息子にも聞いたが知ってるわけがない。

そういう名前の人いたかな~?な私。
でも「まあ いいや 誰でも」になった。

今日になってから「オカダジュンイチ」という名前がポっ
flairと浮かんだ。

そうだ
sign01確かそういう名前だったと思う。たぶん合ってる。

ついでに「オグラジュン」ではなくて「オグリシュン」だということも思い出した。

これを老化だとは思いたくない。興味がない故のこととしておきたい。。。。。娘だって知らなかったわけだしさ。

2011年4月19日 (火)

アニマルセラピー?

ミニシュナがいなくなってからパピヨンがひたすら抱かれに来るようになった。

膝に乗せてやると そのまま寝てしまう。
ブラッシングもすごく大人しくされている。
もうされるがままである。
抱いてやると下りろと言ってもしがみついて離れない。ずっと抱いていられないから下ろすと家族の間を走り回って抱いてくれる人を探す。足もとで顔を見上げて尻尾を振っているのを見ると抱いてやっちゃうんだな~
sweat02

アニマルセラピーというのは犬に癒されるものだと思っていたのだが うちでは逆。ずっと抱いているとパピヨンは癒されるかもしれないが、人間にはストレスが溜まるのだ。

アニマル
dogがセラピーheartされててどうするの まったく。

2011年4月18日 (月)

桃太郎便

桃太郎便のアルミバンの後ろについた時のことである。

息子が「あ
sign01桃太郎便だって。すごいなあ あれいっぱいにゲームソフトが入ってるんだとどれくらいあるんだろう。あのトラックであちこちのお店に配達してるんだね」と言う。

ん?何かヘンなことを言っているな。
で 思い当った。ゲーム屋の桃太郎のトラックだと思ったのだな。

それで「あれはヤマトとか佐川急便みたいな宅配屋さんで、会社の名前が桃太郎便なの」と説明⇒納得。

大きくなって面白いことを言わなくなったと思っていたが こういうことがあると楽しい
note

それで試しに
「あの会社は歴史が古いんだよ~。なにしろ桃太郎が鬼が島から持ってきた宝物を元手にして始めた会社だからね~」と言ってみたが それは「ちがうちがう」と。

だまされない年にはなったようだ
ribbon

2011年4月17日 (日)

ハヤシライス

「流星の絆」が文庫で出ていたので読んだ。

なので今日の夕飯はハヤシライスになった。
鍋をかきまぜながら「流星の絆」を読了。

アリアケのようなこだわったハヤシライスではないが、休みで時間があったから 朝からコトコト煮て、大量のタマネギを煮溶かして デミグラスソース缶とホールトマト缶と市販のルウを使ってちょっと凝ってみた。お肉も和牛薄切りを使い贅沢した。電気使いまくりでごめんなさい な料理である。

野菜が足りないのでホウレンソウ2把を胡麻和えにして レタスと胡瓜のサラダを作り、枝豆をゆでた。

「流星の絆」はドラマになってたらしいが見ていない。
たちまち心を奪われるような“すごい美人”が結婚詐欺を繰り返していたら 何年も訴えられず捕まらずにいるのは難しいのじゃなかろうか?あんなにけっこう派手にあちこち出没していたら派手な生活をしている人たちの間で有名になってしまいそうだし。前に騙した人と街なかで出会わないというのもなあ。あとはネタバレになるので書かないけど。

先日は精養軒でハヤシライスを食べたし ちょっとハヤシライスづいている。

2011年4月16日 (土)

同い年でも

母が今日退院した。

頭と目と口は達者なのだが(特に口は)ヒザが悪くて両膝とも人工関節にする手術をしたのだ。80歳である。

ハシハシとは歩けないが、曲げ伸ばしも痛くなくなり 歩けるようになったのだとのこと。転ぶといけないので杖は手放せないようだが膝が痛くなくなったので また自転車に乗る気でいる。「電動自転車買ったっきり乗ってないから充電しなくちゃ」=「やめてくれ~」

退院の時に、同室だった人が玄関まで見送りに出て来てくれた。とてもとても小さな、背中が丸くなったおばあちゃん。歩くのもしゃべるのもとてもとてもゆ~~っくり。ヨボヨボと何か言っては泣きそうになっていた。

あとで「あの人は何歳?」と聞いたら「同い年なのよ~。やんなっちゃうわよね~。私のことも他人が見たらああなのかしら~。年を感じちゃうわよ~。」と言う。

ギョエ~である。
90歳くらいかと思った。
母と同じ80歳とはとても思えなかった。

それも驚きだったけど、「80歳になっても年を感じてなかったのか この人は」という驚きもあったなあ。

まあボケないでいてくれるのは助かるが、そのうち本人だけがボケてないつもりになるんじゃないかという心配も・・・・・

2011年4月15日 (金)

PTAのくじ引き

息子の中学は保護者(実態は母親)全員が何かの専門部会(研修、補導、保健、環境)に所属しなければならない決まりになっている。だから7~8人ずつ専門部会に所属することになる。執行部や学年理事、広報は別に決める。

その専門部会の中でクラス理事を決めるのだが これはアミダくじと決まっている。ついでに言うと広報理事二人は最初に執行部と学年理事以外のクラス全員でアミダを引いて決めた。

で 今年も2回アミダをやったわけだが 両方ともはずれたので 平部員に決まり。責任ある立場にならずに済んでヤレヤレ、である。

専門部の理事になったところでたいしたことをするわけじゃないのはわかっているけど、専門部会の集まりなどで夕方集まらなければならない回数が多いのも確か。私の仕事は夕方からだから PTAの集まりのためにレッスンの変更が多くなるのは困るのでホッとした。

ずっと そういうやり方をして来たせいで アミダで当たってから「ヤダ~」とか「できない~」と大騒ぎをする人はいない。 みんな淡々と受ける。だけど学年理事さん以外は自分から「やります」という人はいないんだな。不思議と学年理事は引き受ける人がいるので助かる。

これで年度当初の関門は突破できた。
あとは年に1、2回 行事の時にお手伝いするだけである。

2011年4月14日 (木)

当たった

カテゴリーを何にするか迷ったがネット上のことなのでパソコン・インターネットにしてみた。

何が当たったのかというと
niftyビンゴでC賞(JCBギフトカード3000円)が当たったのだ。

ずっと前のことで応募したことも忘れていた。

郵便屋さんの不在票を見て
「niftyからって何?」
と思っていた。

当たることもあるんだね~。

あんまりこういうのに応募したことがなかったから当たったことに驚いてしまった。まあ出さなきゃ当たらないわけだけど。

だから お財布に溜めこんであったJCBギフトカードとデパートの商品券で散財してきた。

2011年4月13日 (水)

片づけ

夫は片づけができない人間である。
使ったら使いっぱなし。
置いたら置きっぱなし。
物を捨てない。
「捨てよう」と言うと怒る。
「あとで使うかもしれない」がその理由なのだが。
使ったためしは 思い出せないくらいだから ない。

だから物が堆積していくばかりである。

彼の席の脇は 隙間やちょっとの所にいろんなモノが堆積している。分類して片づけるためにレターボックスやなんかを買ってやって場所を決めてやっても 引き出しの前や上にモノが堆積していき、ボックスの中は最初に入れた物が何年も手つかずになってしまうだけ(カラのボックスもあるかも)。

家の中は私が片づけまくっているから まだ何とかなっているが玄関先とかに置かれると困るのだ。

今日はとうとうそれを片づけた。

いらない物が山ほど。
ダメになって取り替えたワイパーが なんでこんなに何本も置いてあるのか。ダメになったから取り替えたのだから普通はそれをゴミと言う。取り替えたヘッドランプのバルブも3セット出て来た。

1回くらい使ったきりのガラコがカゴの底から出てくる。いつの物だ?使って置きっぱなしにして忘れているんだから。そのあとで新しいガラコを何回買ったのだ
pout

汚い軍手がいくつも。
どこに何があるか覚えていないいないなら捨てろ
annoyってことだ。

きれいに片づけた(捨てた
punch)のでサッパリサッパリ。広いじゃないか。

もう あきらめて私があとを追いかけまわして片づけるしかない と覚悟を決めた。少しずつ あちこちの堆積を崩していかないと。毎日少しずつやろう。

春だし少しは身軽になりたいものね。


2011年4月12日 (火)

上野散策

上野散策

娘とふたりで上野の山にお花見に出かけた。
もう盛りを過ぎてしまっていて地面がピンク色になるほど散っていた。満開なのは動物園前のこの1本くらいのもの。

上野散策

不忍池のほとりの桜。こちらはみごとに満開。
上野散策

旧岩崎邸庭園洋館の裏側、庭で唯一の桜越しに。

上野駅公園口の先、線路際の駐車場に車を置いて散策開始。

都美術館の工事で噴水広場がふさがれていたり 上野の山が面変わりしていた。

精養軒に行きお茶cafe
それから坂を下りて不忍池へ。
弁天堂の脇を通って東天紅側に渡り、裏道に入って旧岩崎邸庭園に行った。

旧岩崎邸の中を1階も2階もじっくり観覧。
和館を通って御庭へ。

元来た道を戻って精養軒でハヤシライス(娘)とカレーライス(母)を食べて桜木亭でパンダ焼きを買い動物園に入った。

TVで見たみたいに外に行列を作っていなかったから すぐ見られるなら見て行こうと思って入ったのだが 中はものすごい行列だったので断念。上野は今パンダ一色である。お土産屋で息子にパンダがしがみついているシャーペンを買い、自分用にワニ型ゼムクリップを買った。

西洋美術館のレンブラント展も見たかったが 5/1から国立博物館で写楽展が始まるので 5月に一緒に見ることにした。

朝10時に着いて1時半まで上野の山(と その周辺)を散策して帰って来た。朝は冷たい風が強くて寒かったが昼過ぎからは暖かくなって気にならなくなった。

娘は旧岩崎邸も喜んだけど 精養軒のハヤシライスが一番印象に残ったようだ。花より団子だね。


2011年4月11日 (月)

久しぶりの茶碗蒸し

息子のリクエストで茶碗蒸しを作った。

中身はシイタケ たけのこ エビ 鶏肉 かまぼこ 三つ葉。

具材はチョビっとずつしかいらないから半端に残るのがイヤなんだけど。鶏肉はこま切れの一番小さなパックを買い、たけのこは一番小さなのを選び、エビは必要分だけ取って残りは冷凍、三つ葉はしなびたのが1把残っていたのを買ったからいい所だけ使って。それでもタケノコもエビもかまぼこも鶏肉も残っているから明日はそれに小松菜を足しておすましを作る予定。

朝のうちに出汁を取って冷ましておく、とかシイタケをもどして鶏肉に下味をつけておく、とか たいした料理じゃないのに下ごしらえに手間と時間がかかる。卵とだし汁を合わせてから2回漉して用意しておいた具材を入れておいた茶碗に注いであとは蒸すだけ なんだけど。

息子はたくさん食べたがるから息子の分だけ丼みたいな大きなスープカップで具材も3個分入れてたっぷり作った。この間 大きな蒸し鍋を買ってあって良かった。蒸し時間は、湯気の上がっている蒸し器に入れて強火で2分弱火で10分。スも立たずにきれいにできた。

「ジャンボ茶碗蒸しだ~
ヽ(´▽`)/」と喜んで食べる息子。
「よくそんなに食べられるね~」という娘。

おかずに温野菜サラダ(ニンジン、スナックエンドウ)とほっけの開き、あとはキャベツのスープ。

2011年4月10日 (日)

1クラス分退学って・・・

工業高校の情報科に行っている生徒がら今日聞いた話。

情報科は1年の時は3クラスあったのに2年になったら2クラスになっていたのだそうだ。1クラス分の人数が退学してしまったのか と驚いた。

そんなに大量に退学したのかと思ってちょっと調べてみたら80人(40人×2クラス分)募集に志願者が86人だったから もしかしたら余計に合格させて少人数で3クラスにしておいたのではないか。1年の時は「クラス30人いなかった」と言っていたから たぶんそうだろうと思う。それで何人か辞めたので40人学級2クラスでおさまるようになったということなのだろう。いっくら何でも40人は辞めないと思う。


情報科の他に電気科とか機械科とかあるわけだが そっちも減っているのかな。電気科は元から定員割れだけど機械科は1.5倍以上の倍率があった。電気科の定員割れの分を他の科で取っておいたと考えれば納得はいくな。

職業科の高校を選ぶのって難しい。
入ってみて合わなければ辞める子も多いわけで退学率も高くなるわけだ。

2011年4月 9日 (土)

テキ屋さんのコンボイ

これってすっごく良いアイディアだと思うのだけど。
言ってみれば「変形の炊き出し」なのである。

桜祭りも花火大会も自粛、ということはそこを仕事場にしているテキ屋さんたちもお仕事がなくなってしまうということで。もしそれでテキ屋さんたちの生活が成り立たなくなってしまったら、と考えた。

東京の経済が元気でなかったら税収だって減るのだから被災地支援にも影響が出てしまう。

そこで催し物の仕事がなくなったテキ屋さんたちでコンボイをたくさん組織して被災地の避難所を回ってもらうというのはどうだろうと考えた。

何億円も寄付できる大金持ちの人が お金で寄付する代わりに、1日分の売上保証+日当+アゴ足代+α(あと何が必要かわからない)で雇っていくつもコンボイを組んで避難所を回ってもらうのだ。

避難所で毎日おにぎりや仕出し弁当やカップ麺では飽きてしまうだろう。炊き出しだってトン汁やカレーが多いようだし。

だから たこ焼き、焼きそば、お好み焼き、佐世保バーガー、ケバブ、焼き鳥、おでん、その他いろいろの屋台で好きなものを選んでアツアツを食べられたらうれしいんじゃないかと思った。好きなものを好きなだけ好きな時間に食べる。いろいろ食べられるように一つずつは小さめに作ってもらう。子供たちにはスーパーボールすくいやチョコバナナ、りんご飴、オモチャのくじ引きなどを用意してあげると娯楽になると思う。
もちろんボランティアさんも近所の人たちも誰でも全部OK、夕飯用にキープするのもOKということで。テキ屋さんたちはお仕事でたくさん作るのには慣れているし発電機を使うのにも慣れているだろうから とにかくドンドン作ってもらい、一日分として用意したものがなくなったら撤収。次の日には次の避難所に行く。

そういうコンボイがいくつも回れば避難所を全部カバーできると思うのだ。1回にコンボイが50組くらいではどうだろう。2週間で一回りくらいがいいかな。土日限定でもいいな。テキ屋さんもお仕事ができるし、テキ屋さんに材料を卸している業者も倒産しないで済む。避難所の人たちもいろんな物が温かく食べられる。食べ物を運んだり配ったり世話をしているボランティアの人たちも その日は休める。何より並んで配給をもらう生活をずっと続けているということは人間の誇りに関わる問題だと思うのだ。

同じ炊き出しだって プロが作って楽しませてくれるっていう方が精神衛生上良さそうに思う。

誰か大金持ちの人がそういうことをしないかなあ。
100億円はかからないと思うんだけど お金出すだけの方が楽だよなあ。
「くだらないことを考えて。それどころじゃないだろう」って思われるかなあ。
被災地の人に「ふざけるな」って怒られちゃうかなあ。
食べ物よりお金の方がいいのかなあ。

思いがけぬ再会

ピンポ~ン
「は~い」ってなもんで玄関を開けたら いきなり
「○○ちゃん(私の名前)
sign02」と言われて目がパチクリ

中学の時の同級生だった。
ほぼ40年近く会ってなかった。同窓会名簿を見て訪ねて来たのだがノーアポだったから本当にびっくりした。

ご主人も一緒に来ていると聞いて「選挙か?」とピンと来たのだが 別にうちの地区からご本人が立ったわけではなくて住んでいる所も都内某所。「この地区の●●党が厳しいってことで」と言われたって・・・・・

それでわざわざうちを目がけて来たらしいのだが いなかったらどうするつもりだったのだろう。

30分ほど話して帰った。
それなりに懐かしかったけど。こういうのはどう考えたら良いのか・・・

とりあえず携帯番号やメアド交換はしたけどさ。

2011年4月 8日 (金)

始まりました

今日は始業式。入学式の日でもある。
なんだか あっという間に春になってしまったような今日この頃である。
風が強かったけど暖かくて良かった。
新学年の始まりの日にふさわしいうららかな一日だった。

桜が満開の中での入学式は格別だったんじゃないだろうか。

2011年4月 7日 (木)

ワ~イ戻ってきた~

かわいいPCが戻ってきた~。

HD交換を覚悟して出したのだが結果は・・・

・電源スイッチが接触不良=スイッチべゼル交換
・HDD関係のケーブルの不良=ケーブル交換
・メモリ端子の汚れクリーニング

これだけ。
これだけで動作は正常になってしまった。
なんじゃ~。

HDDには異状なし
S-ATAを認識しなかったのもケーブルの不具合のせいだった。
なんじゃ~。

部品代はケーブル500円とか280円とか、クリーニング210円とか・・・・・すご~~く安くあがってしまった。

バックアップデータを戻したりセッティングし直したりする必要もなく、ケーブルつないで電源ONでOK。

早いわ早いわ
\(^o^)/ 
そうよ~私のPCってこういうんだったのよ~。ここしばらく開くのは遅くなっていたし起動しなかったり起動にえらい時間がかかったり、入力してるとフリーズするわ応答なしになるわだったのがウソのように解消。ピッピピッピと動く。もっと早くに出せば良かった
sweat02

さて次はHDD増設だな~。アキバに行って来なきゃ。いくつにしようか。

2011年4月 6日 (水)

英国王のスピーチ

娘と二人で見に行った。
レディスデイで1000円。
なので当然劇場内は女性ばっかり。
おじさんがチラホラ。
それでも数えるほどしかお客さんはいなくて。
ポイントもめでたく半年間有効期限延長になった。
次は二人無料で映画を見られる
scissors

 エリザベス女王の父君のお話。
心に傷を負った王位継承者と無資格だけどカウンセリング能力が高い元役者との友情物語として読むのもよし。

心を開かなかったジョージ6世が子供の頃のことから抑圧されていた気持ちを全部吐き出したあとの顔付きの変わり方がすごい。

演説が終わった時に それまで絶対に「閣下」と呼ばなかったローグが初めて「Your Majesty」と呼びかけるのが実に印象的であった。

ジェフリー・ラッシュは「シャイン」でうまいなあと思っていたのが「パイレーツ オブ カリビアン」のキャプテン・バルボッサでまたうまさを見せてくれて 期待にたがわず今回も堪能させてくれたし ヘレナ・ボナム・カーターもティム・バートン映画でのコスプレとは違って国王を支える良き妻という顔をしっかり見せてくれた。

いや~「your majesty」とか「your highness」なんて英語を聞くのは何十年ぶりだっただろうか。

国王のスピーチは天皇陛下の玉音放送と同じようなところがあるから大震災後の天皇陛下のビデオメッセージとオーバーラップして 思いも一入であった。

2011年4月 5日 (火)

スーパーの水

ミネラルウォーターなぞ普段使っていない。

スーパーでボトルを買うと あとは無料で「おいしい水」がもらえるのを思い出して 今でもやっているのかと思い、一番近いスーパーに行ってみた。

機械を見たら「純水」「軟水」「中硬水」「硬水」の区別があり、純水は無料 その他は5リットルで120円~170円くらい。

その正体はというと 単なる水道水である。
但し書きがたくさん張ってあって「水道水をフィルター処理したものなので赤ちゃんには飲ませないでください」とあった。マイクロフィルターに何度も通してはいるらしいが元は水道水なのだな
要す るに自宅の水道に浄水器を着ければ同じなわけだ)。そこにミネラル分等を添加して硬水などを作っているらしい。ペットボトルで売っている「ナントカのナントカ水」みたいな天然のおいしい水の方が成分的にいいから売り切れている ということがよくわかった。

フムフム と読んでわかったところで試しに5リットルのボトルを420円(税込み)で購入。機械にかけて(
けっこう面白い)いっぱいに入れて持って帰った。

飲んでみた が よくわからん。
せっかくボトルを買ってきたのだからコーヒーや麦茶には使ってみようと思う。

2011年4月 4日 (月)

ザ・ヒットソングス

ヒット曲の分析は面白かった。

歌詞が五七五でできていることには けっこう子供の時に気がついていた。確か俳句を作らされた時に「あの曲もこの曲も五七五じゃない~」と気付いたのをおぼえている。

ソドレミが入っているとヒットするというのは「宇宙戦艦ヤマト」と「ドラクエの序曲」が混じっちゃって なかなか「ドラクエの序曲」が出てこなかったことがあったから同じ音というのには気付いていたし そこから「よく考えたらあれもこれも同じだよね~」と生徒と言って盛り上がっちゃったおぼえがある。

繰り返し3回 というのには気付いてなかった。
「さよなら」は「さよ
upwardrightなら~」の長6度(不完全協和音程)の跳躍が印象的だからヒットしたのだと思っていた(I Love Youもその変形と言えると思う)。ヒットする曲には非常に印象的で斬新なメロディが入っているし変則的な跳躍が多いものだとは思っていたが3回繰り返しには気付かなかったな~だいたい流行歌ってかなり有名な部分しか知らないし。そういえば「飛んで飛んで飛んで~~~~」というのもあったね。

すべてのヒット曲(過去30年間のオリコン1位の曲とかね)を分析したわけではなく恣意的に選んでいたような気もするが それなりに説得力もあり楽しめた。

2011年4月 2日 (土)

信じてる

エーupwardrightシーもそろそろ食傷ぎみ

今多いのは「信じてる」で終わるやつ

これを ずっと昔に格調高く詠った方がいらっしゃる

《しきしまの 大和心のをゝしさは ことある時ぞ あらはれにける》
        
週刊新潮連載の「週間鳥頭ニュース」より引用
恐れ多くも明治天皇御製である

一番日本国民を信じていたのは天皇陛下 ということ

それだけの話なんだけど

2011年4月 1日 (金)

戻ってきた

野菜の値段が。

一時期356円もしたキャベツが今日は198円。298円だったブロッコリーも ずっと大きなのが156円になってた。ヤマザキの芳醇も99円セールやってたし。牛乳もたくさん並ぶようになった
し電池も売っている

でも「1リットル以上のペットボトルは1家族2本まで」とか「納豆は1家族1個」とか制限はあるしヨーグルトの棚はまだガラガラだから完全復活とは言えないのだろうが。

それでも 大型小売店舗ってたいしたものだなあと思うのは「足りない」と言われていた時でも物の値段を上げなかったこと。だからうちでは普通にふだんの買い物をしているだけで済んだ。

たとえ1家族1個にしても納豆は以前と同じく99円で売っているし、豆腐や米や卵の値段もペットボトル飲料その他いろいろの値段も 売っている量は少なくても値段は以前と変わっていない。食パンがない時期だって インストアベーカリーは以前と同様に月木は90円セールをやっていた。野菜だけは日持ちがしないし高くなってもしかたないかもしれないと思う。

品薄の時に暴利をむさぼるようなまねをすると、平常に戻った時にお客さんが離れてしまうから敢えてこらえて値上げをしなかったのか。売る物の数が少なかった場合、同じ値段で売っていたら売り上げ高は減っただろうと思うが 大型小売店舗にはそれを持ちこたえられるだけの底力があるということなのだろう。

買占めや物不足がニュースになっていた頃 私が何を心配していたかというと物価の高騰なのだ。物がなくなる→買占め騒動→値段が高騰する というのはオイルショックの時のトイレットペーパー騒動がいい例だろう。だからすべての生活用品や食品が値上がりするのではないかと思っていたのだが
予想ははずれた

ガソリンは少し値上がりしたけど、今ではガソリンスタンドに誰も並ばなくなった。あの行列を作ってガソリンを入れていたのって何だったんだろう。

しかし今回のことで日本の社会は思っていた以上に余裕があったんだなあ と実感。目の色変えて買占めに走らなくても とりあえず2週間持ちこたえられれば 物が何もなくなる、という事態にはならないこともわかった。なので今まで通り 通常の備蓄に気をつけていくことが大事だと思った。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »