« PTAのくじ引き | トップページ | ハヤシライス »

2011年4月16日 (土)

同い年でも

母が今日退院した。

頭と目と口は達者なのだが(特に口は)ヒザが悪くて両膝とも人工関節にする手術をしたのだ。80歳である。

ハシハシとは歩けないが、曲げ伸ばしも痛くなくなり 歩けるようになったのだとのこと。転ぶといけないので杖は手放せないようだが膝が痛くなくなったので また自転車に乗る気でいる。「電動自転車買ったっきり乗ってないから充電しなくちゃ」=「やめてくれ~」

退院の時に、同室だった人が玄関まで見送りに出て来てくれた。とてもとても小さな、背中が丸くなったおばあちゃん。歩くのもしゃべるのもとてもとてもゆ~~っくり。ヨボヨボと何か言っては泣きそうになっていた。

あとで「あの人は何歳?」と聞いたら「同い年なのよ~。やんなっちゃうわよね~。私のことも他人が見たらああなのかしら~。年を感じちゃうわよ~。」と言う。

ギョエ~である。
90歳くらいかと思った。
母と同じ80歳とはとても思えなかった。

それも驚きだったけど、「80歳になっても年を感じてなかったのか この人は」という驚きもあったなあ。

まあボケないでいてくれるのは助かるが、そのうち本人だけがボケてないつもりになるんじゃないかという心配も・・・・・

« PTAのくじ引き | トップページ | ハヤシライス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PTAのくじ引き | トップページ | ハヤシライス »