« 電池の消耗 | トップページ | 煮豚リベンジ »

2011年5月25日 (水)

自信

むりやり毎日勉強させたので 息子は今回の試験は手ごたえがあったらしい。

昨日試験が終わってから しきりに「今回は数学と英語と国語はすごくいいと思う」とか「自信ある」とか「絶対~点くらい取れると思う」などと言っている。

今までは「試験」などというものは できれば見ないことにして生活をしたい、試験というモノがあること自体を忘れていたい
sweat01子供だった。

だから試験が終わっても自分から出来がどうだこうだ言うことは皆無だったのだ。

それが今回は自分からどうだこうだとうるさい。
けっこう できたことがうれしかったようだ。

「できれば楽しい」のはピアノも勉強も同じだと思う。楽しい思いをするためには努力しなければならないのも同じだ。そういうことが少しでも今回わかったのなら 点数がどうこうでなくいいことだと思った。今まで手抜きしていてごめんなさい、な気持ちになった。

「できれば楽しい」思いをさせてやるためには親がくじけずにずっとシゴキ続けていかなくてはならないな。がんばろう
rock

« 電池の消耗 | トップページ | 煮豚リベンジ »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電池の消耗 | トップページ | 煮豚リベンジ »