« レンタルの話 | トップページ | キノコの山 »

2011年8月14日 (日)

戦争番組

この時期にしかやらない戦争関連番組は絶対に子供に見せなければいけない。それでも 小さい時から毎年見ているはずの娘が 先日のQさまで「重光葵」を知らなかったのには愕然としてしまったもの(ついでに鈴木貫太郎も知らなかった・・・)。今日は池上さんの番組を息子と一緒に見た。

途中からイランイラク戦争の話にシフトして
「なんでイランとイラクは戦争始めたの?」と素朴な疑問が出た。

「独裁政権と人種と宗教と埋蔵天然資源のため」

「なんで宗教が戦争の原因になるの?」
これは困った。
信仰を持たない人間には棄教の概念がないから理解できないことだ。

「僕なら仏教やめてお葬式はイスラム教にしなさいって言われても平気だよ」って そういう次元の話じゃないんだが・・・・・「別の神様を拝みなさい」じゃなくて「別の神様を信じなさい」なのだってこととの違いはわからないんだなあ。スンニ派とシーア派の場合はまた違うわけで 理解不能のまま次へ→

イラクで日本人技術者ががんばってくれたおかげで日本が信頼を得ている、というところまで見てお風呂に入れてしまったら その後で戦後復興のために技術者がどうがんばったか、という話に変わったので「しまった~!」。見せたかった・・・こういう編集はやめてほしい。

明日は10時からNHKである。
NHKなら話があっちこっち飛ばずに順を追って見せてくれるはず。

« レンタルの話 | トップページ | キノコの山 »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レンタルの話 | トップページ | キノコの山 »