« ヘチマ第2弾 | トップページ | 白ゴーヤの赤ちゃん »

2011年9月 5日 (月)

似てるけど違う言葉

パン屋に寄ってから屋に行った。

屋のレジで並んでいる間に そこら辺に書いてある字を読んでいた。ホント活字中毒

屋で文庫を選んでいて「ああ これって○○のパティスリーね」。アレ?????違う断じて違うというより似てるんだけど違うパティスリーじゃないよ~

え~~と パティスリー パティシエ いや違う違う なんだっけ。

口には出さねど、人知れず悩みまくる。
脳内辞書を検索しまくり

でも出て来ない
日本語の意味は出てくる。
ほら文体や作風を模倣するアレのことよ

何て言ったっけ~

頭の中で「パティスリー パティ・・・パティシ・・・」とグルグル考えつつお会計

車に乗って走り出して やっと
そうだパスティーシュだ
と思いだした。

パスティーシュ パティスリー パティシエ 似てる・・・そっくり・・・だよね。今まで気が付かなかったけど。パスティーシュって パティスリーとパティシエを合わせたアナグラムっぽい。

これを老化とは思いたくない

直前に寄ったパン屋でパティスリーって字を読んで刷り込まれていたのが敗因だと思いたい。。。。。。ベーカリーだったら こうはならなかったはず・・・

« ヘチマ第2弾 | トップページ | 白ゴーヤの赤ちゃん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヘチマ第2弾 | トップページ | 白ゴーヤの赤ちゃん »