« 最終日 | トップページ | 白菜高い! »

2011年10月11日 (火)

朝からヘチマ騒動

今朝7時に交番のおまわりさんが来た。
早朝の訪問にビックリ。
親が留守の間に息子がなにか逮捕されるような悪いことをやったのか?

しかし用件は「ヘチマ」であった。
おまわりさんは「ゴーヤ」と言ってたけど
happy01

「通行人の頭の上に落ちて来たら危ないから切るように言ってくれ、という訴えがあった」のだそうだ。

はいはい ごもっともでごぜえますだよ。
昨日も夫と「来週には切らなくちゃ」とは言っていた。ただその理由が「そろそろ時期だから」じゃ いけなかったね。頭を直撃する危険については考えていなかった。浅はかだったな~。

いや 面白がってるばかりではなかったんだよ。ツルが伸びて実を付けちゃった時は「どうしよう」と思ってたし。ホント ホント。

ということで 8時過ぎから電線にぶら下がっているヘチマの撤去作業。

高枝切りバサミでも届かず、家の中からイスを持ち出して その上に乗ってやっと切れた。となりやお向かいの奥さんがイスを押さえてくれたり切ったヘチマを受け取ってくれたり たいへんお世話になった。道行く人が立ち止まって見物してるし 通る車は笑いながらよけてくれて ちょっとした騒動である。

切ってみてわかった。
1m近くに育ったヘチマは重い
sweat01
高枝切りバサミがしなうくらい重い
down
これでは確かに落ちたのが当たったら大変なことになるところだった
bomb。指摘してもらったことに感謝しなければいけない。思えば 台風の時に1本落ちているのだから、大きくなればなるほど落ちる危険を考えなくてはいけなかったのだ。「枯れるまで置いといて」などと考えてはいけなかった。

真ん中のと道の向こう側のは道路から切って取ったが、家側のはベランダに出て ベランダから高枝切りバサミを伸ばして切った。

電線からは 
細いツルによってだけぶら下がっている。やっているうちに切り方がうまくなり、細いツルをチョンチョン切ってから実の付いている太いツルをつかんで引っ張り 実の根本から切る。でもつかみきれずに落としてしまったり。

ベランダ周りのヘチマは園芸バサミで採り 電線にからんでいたツルをポチポチと切って電線を開放して おしまい。

屋根の上で育っている4本を除いて 1m近い大きさの重いのが9本。うち2本は落として割れた。一般ゴミの日だったから それは即ゴミに。

朝からご近所を巻き込んで労働
coldsweats01ご迷惑な話である。

さて 今度は採ったヘチマをタワシに作らなければならない。すごい臭いが出るということだし どうしよう。

とりあえず 来年はヘチマはやめよう と固く決心した。

« 最終日 | トップページ | 白菜高い! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最終日 | トップページ | 白菜高い! »