« 塩かけたイワシ | トップページ | 国語辞典 »

2011年10月26日 (水)

追悼 北杜夫

北杜夫が亡くなった。。有名人偉人等には敬称をつけないでいいことになっているから あえて敬称は略す。

週刊新潮でお嬢さんの由香さんのコラムを毎週読んでいた。骨折したり、そのまま寝たきりにならないようにリハビリさせたり、という様子を読み「北杜夫も もうそういう歳なんだ」と感慨深かったものだ。

先週号の週刊新潮では10月始めに軽井沢でトークショーをやった様子が書かれていたので それから1カ月経たないうちの訃報に本当にビックリした。

北杜夫との出会いは中学生の時。一番最初に読んだのが「航海記」、それから「青春記」「白きたおやかな峰」「夜と霧・・・」「楡家・・・」と夢中になって読んだものだった。青春の1ページである。

若気の至りでファンレターも書いた。
住所がよくわからないのに出して「世田谷区松原 北杜夫様」だけで着いたらしい。直筆のお返事も何枚もいただいた。初めてもらったお返事ハガキを見て 親が「北杜夫からハガキが来てる
sign03」と騒いだことも よくおぼえている。住所がちゃんと書いてあったから2回目からはキチンと住所を書いて出した。何枚出しただろう。その都度ちゃんとお返事をくれた。だんだん分別がついてきて「お仕事の邪魔になってはいけない」とファンレターを出すのをやめたのだった。

「青春記」を読んで「男の子って自由そうでいいなあ」と思ったものだ。でも茂吉との関係では悩むことも多かったようで「偉い親を持つと苦労する」とも思った。

娘に「北杜夫が亡くなったって」と言ったら「その人誰?」であった。こいつは~~
annoy。考えて見たら旧制高校なんて私だって知らないわけだし、時代の問題なのだろう。

今日のニュースで北杜夫が亡くなったニュースより 歌手がくも膜下出血で手術したニュースの方が大々的に取り上げられていたのが悲しい。

新種のコガネムシの学名に『キタモリオ』が使われ 和名に『マンボウ』がつけられたのは 
虫が好きで 特にコガネムシが好きだった北杜夫への何よりのはなむけになったと思う。

謹んでご冥福をお祈りします。

« 塩かけたイワシ | トップページ | 国語辞典 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 塩かけたイワシ | トップページ | 国語辞典 »