« 長芋のカリカリ揚げ | トップページ | 追悼 北杜夫 »

2011年10月25日 (火)

塩かけたイワシ

大内宿の話になって。

息子が「また行きたい。なんで行きたいかわかる?」と言うので聞いたら

塩かけたイワシ また食べたい」と言うではないか。あれはイワナだよ。山で捕れるのはイワナであってイワシではない。

今は時期で イワシがよく食卓にのぼるせい?
「おまえは魚は全部イワシだと思ってないか?」と夫に言われていたが、中学生にもなってイワシと岩魚の区別がつかないとは情けない・・・・・

という話をしつつブリの煮付けを食べていたから「これはブリ。イワシじゃないんだよ」と言ったら「それくらいわかってるよ!」と言っていたが怪しいな。

« 長芋のカリカリ揚げ | トップページ | 追悼 北杜夫 »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

ウハハ~食い気だけで生きてるようなやつですから~。旅の思い出=食べ物ってのもどうかと思いませんか。
私立小学校入試の勉強にも野菜や果物や魚の見分けがあるのに中学生にもなってこれじゃ~ため息出ちゃいます。
大きくなってもスーパーのバイトはさせない方が良さそうですね(*^m^)

 イワナが食べたいって、いいですねえ。マルチさんちは食生活が充実してるから、子どもの味覚も育つんですね。

 以前スーパーでサンマを買ったら、レジのお兄さんはそれがアジかイワシかサンマなのか悩んだあげく、「アジ」100円で打ってくれました。出始めの高いサンマだったからトクしました。この場合、言ってあげるのが親切なのか、魚の名前も知らないのを指摘しないほうがいいのか、迷うところです。レジ打ちのバイトを雇うときは、商品の見極め方も仕込まなきゃいけないってことですね。

 あ、でも、うちにはレタスとキャベツの区別の怪しいヤツがいます。信じられません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長芋のカリカリ揚げ | トップページ | 追悼 北杜夫 »