« グリーンカーテン撤去 | トップページ | 塩かけたイワシ »

2011年10月24日 (月)

長芋のカリカリ揚げ

長芋のカリカリ焼き

先週の読売新聞夕刊に出ていた料理、正しくは「長芋のスティックフライ」である。揚げ物嫌いな夫が珍しく「これ作って」と言ったものだ。

材料は長芋 豚バラ肉 目の細かいパン粉。味付けは塩コショウのみ、レモン汁をかけて食べる。

今日はレッスンが早くに終わる日だったので作ってみた。昼間のうちに付け合わせの冷凍インゲンとブナシメジのオリーブオイル炒めとおみそ汁を作っておいてお米は予約。豚バラ肉は半分に切って塩コショウを振って、長芋を1.5cm角×7㎝の棒状に切って、粉と卵とパン粉をバットに用意してフライパンに油を入れておいて。

終わってすぐに長芋にお肉を巻いて粉付けて卵付けてパン粉付けて。全部付け終わったところでフライパンの油を熱して浅い油で揚げ焼きにする。お肉に火が通れば 中の長芋は半生でOK ということだった。

これはおいしいsign03
外はカリカリで中の長芋はシャキシャキ感が残っていて レモンをかけるから油っこさがなくて。たくさん食べても長芋だし~。

写真の他に もうひとつ大皿山盛りに作ったのである。「さめてもおいしい」と書いてあったので残った分は明日そのまま食べる予定。

新聞の料理欄もあなどれないな。

ちなみに 長芋の真ん中を四角く切り出した残りの周りの部分(かまぼこ型になっている)は薄く短冊に切ってお醤油をかけて食べた。いや別に 少し湾曲していても全部棒状に切って揚げてしまって差支えはないのだが 何となく。おかずが一品増えるし。全部長芋だけど・・・


« グリーンカーテン撤去 | トップページ | 塩かけたイワシ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« グリーンカーテン撤去 | トップページ | 塩かけたイワシ »