« 無闇に放射能を怖れる人 | トップページ | カブトムシの幼虫 »

2011年10月20日 (木)

ピノキオの燭台

ちょっとバックに余計な物が写り込んでいるが、何が主役の写真かというと銅製のロウソク立てなのである。ロウソク立てとわかるように停電の時に使ったロウソクを置いてみた。

夫の会社の倉庫から出て来たもの。5,6個出て来たけど錆びたりへしゃげたりしてるのが多かった中から「ロウソク立てにいいかと思って一番きれいなのを持ってきた」のである。

本当はロウソク立てではなくて たぶんグラスホルダーなのだと思う。たぶんきっちりはまり込むグラスが付いていたはず。そのグラスはどこに行ったのかな?

停電の時に使って それきり空き缶に立てて置いてあったロウソクを乗せてみたら なかなかいい感じではないかheart02

帰って来た娘がこれを見て「ピノキオのロウソクみたい」と言った。

そういえばゼペットじいさんが「ピノキオや~い」と探し回る時に こんなのを持っていたような気もする。あれ?ロウソクじゃなくてランタンを持っていたんだっけ?

まあでも気分だから~happy01これは「ピノキオの燭台」と命名した。「ロウソク立て」よりは「燭台」の方がピッタリ来るでしょ。

 

« 無闇に放射能を怖れる人 | トップページ | カブトムシの幼虫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無闇に放射能を怖れる人 | トップページ | カブトムシの幼虫 »