« 今日はジャム | トップページ | 玄関にピアノ »

2011年11月 8日 (火)

“こしの”の羊羹

こしの羊羹

朝 夫が電話してきて「赤羽のお茶屋さんで『吉祥寺で行列の店の羊羹』てのを売ってる。この間やってた店のかもしれない」と言う。

「・・・それって買いに行って来いってことかな?」と言ったら「いや あっちの方に行くついでがあったらでいいけどさ」と。

んな所に行く「ついで」などあるものか。
まったく甘党親父は・・・

でも良妻は行って来た(今日は時間があったからね)scissors

本当に普通のお茶屋さんの店先に赤い看板が。
「小ざさ」の羊羹ではなく「こしの」の羊羹だったが「吉祥寺」も「行列」もウソではない。「こしの」も吉祥寺だし月火水の午後1時から3時までしか開いてないから行列もできるらしい。

小豆あんと白豆あんとあり、普通の煉り 栗 抹茶 柚子など10種類くらいあったので目移りした。季節なので小豆と白豆の栗を購入。1本850円である(普通の煉りは580円)。
こしの羊羹

切り口はこんな感じ。

羊羹て封を開けてしまうと残りを取っておくのが難しいから 全部切ってお皿に移してラップをかけておくことにした。

確かに栗がギッチリ入っていてどこを切っても栗が見える。

くどくない甘さでおいしかった。

« 今日はジャム | トップページ | 玄関にピアノ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日はジャム | トップページ | 玄関にピアノ »