« 一挙にクリスマス | トップページ | 七夕クリスマス »

2011年12月 5日 (月)

付録のバッグ

娘は土日だけ本屋さんでアルバイトをしている。

土曜日に付録のバッグを持ち帰って来た。
控室の前にゴミ袋にいっぱい入って置いてあり「ご自由にどうぞ(もちろん従業員のみだよ)」だったのだそうだ。「みんな何個も持って帰ってた」と言うので 捨てちゃうんじゃもったいないから日曜日の帰りにたくさん持って帰っておいで、と言っておいた。

で 日曜は、お店の中のお客さんに見られないように大きな袋を持って行って 
6個持って帰って来た。

マ○ーク○ントの付録なのだが付録だけ別にして山ほどゴミ袋に入っていたと言う。中身は横40センチ縦30センチのトートバッグとポーチと金属のデイジー付きマルチバンドの3点セットである。バッグもポーチもけっこう使えそうな大きさ。そういう物って「お金を払ってまで欲しいものではないが、あれば使うかもしれない」程度のものだ。

うちの生徒の家の前に生徒の母の友達がやっている“立て場”という 返本の集積場があって、そこで付録と本を別々にして捨てるので 2週に1回くらいの割合で その子がいろいろな付録を持って来てくれる。バッグ、ポーチ、鏡、時計、ハーフケット、etc.。バッグやポーチはいくつもらったことか。使いきれないから中学生や高校生の生徒や送迎して来る親とかに分けている。けっこう喜んで選んで持って行ってくれるのだ。

ということで
本屋でゴミになるところだったマ○ーク○ントのバッグもゴミにしちゃうよりは配った方が良いだろうと思った。

エコだのゴミ削減だの言っているが こういうゴミを作ってはいけないと思う。

« 一挙にクリスマス | トップページ | 七夕クリスマス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一挙にクリスマス | トップページ | 七夕クリスマス »