« ウスターソース | トップページ | 新学期 »

2012年1月 9日 (月)

成人の日

成人の日
娘は今年成人式である。

しかし私立だったから地元に親しい友達もいないので「行かない」と言っていた。

娘の学校は独自に「20歳の集い」という成人祝いの集まりをする
(基本的には下から一貫で上がった人対象らしい)。成人の日ではない日にやるのかと思っていたら今日で、招待状を見た娘が「日曜日と間違えて欠席で出しちゃったから行けない」と言う(マヌケangry)。親に見せないからそういうことになるのだ。

それでも学校の集まりのあと、お弁当仲間だけで新宿で飲み会をするというのに誘われて出かけて行った。

先週の金曜日の夜になって「友達と新宿で集まるから成人の日に貸衣装を借りて」などと言い出し「え~~
sign02今からじゃ貸衣装も着付けも間に合わないsign03」というと あっさり引っ込めた。

貸衣装を借りてというのも考えてはいたが、平日は大学から帰って来るのが早くても7時過ぎ、土日はバイトでいないから 土日ごとにやる展示会にも行けず、借りに行くこともできずに来てしまったのだ
(土日は私の仕事が入っていることが多かったし・・・)。いつしか成人式に行かないならいいか、ってなっていた。

学年末試験が終わり、2月に入って春休みになれば時間ができるから貸衣装屋の『着付け、写真、ヘアメイク、メイク付き』とかいうので記念写真を撮っておけばいいかと考えていた。夏休み中に前撮りしておけば良かった とつくづく思う。でも暑い盛りに そんなモノ着たくないだろうし 震災後で何となく緊縮財政になっていたし・・・

地元の成人式に行かず 学校の成人の集いに行った中でスーツの人はひとりきりだったとか。友達どうしの集まりは楽しかったようだ(でも「みんな水商売みたいな巻き髪アップだった」と「着物着るのはいいけど あんな髪型は下品でいやだ」そうだ)

娘いわく「あんまり真剣に考えてなかったから着物を借りるのが そんなに大変だとは思ってなかった」。いや借りるだけでなくて着付けや髪のセットやなんかもあるのだよ。

大学生にとってみたら20歳は まだ通過点で卒業して一区切り、という意識だから(私もそうだった)成人の日に思い入れがない。だいたい私の実家は写真館だったから朝から撮影が混んでいて手伝わなければならず、学校も私立だったから地元と縁が薄かったし自分が成人式に出るとかしたくをするとか全く考えなかった(
写真はずっとあとで東條会館に行って撮ってもらったけど)。成人式の次の日提出のレポートもあったし。。。。。

子供に関係なく もっと親がキリキリ準備をしてやらなければならなかったのだろうか。

« ウスターソース | トップページ | 新学期 »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウスターソース | トップページ | 新学期 »