« ごはんの好み | トップページ | お父さんの料理 »

2012年1月17日 (火)

ショウガの甘辛煮

ショウガの甘辛煮

TVでやっていたので作ってみた。
ショウガは体を温めるからいいというし。
ショウガは大きいのを4個、豚ひき肉は約200g使った。写真は その約半分である。

①ショウガは千切りにして再沸騰したら上げる程度に熱湯で軽くゆでる。これで辛みが減るのだそうだ。ザルにあげて水切りをしておく。

②豚ひき肉は炒めて 白っぽくなったらだし汁と酒 みりん 砂糖 しょう油を入れて、そこに水を切ったショウガも入れて煮る。

③煮汁が少しになるくらいまで煮詰めて 炊き上がったごはんに煮汁ごと入れて混ぜご飯にして食べる。

なのだが
好みがあるので うちでは別のお皿に出して 各自で好きなだけご飯に乗せて(あるいはかき混ぜて)食べることにした。

正解であった。
夫と娘は気に入って どんどん取っては混ぜ、して良く食べたから 写真の分はほぼなくなったが 味覚がコドモの息子は手を出そうとはしなかった。

正確にはTV通りに作ったわけではない。
ひき肉は油を使わずに炒め、みりんと酒がなかったからにんべんのつゆの素と砂糖としょうゆとほんだしを入れて煮ただけ。それでも水分が出るから それが煮詰まるまで煮るのは時間がかかるので かなり汁気たっぷりのままである。それでも豚肉のそぼろの甘さとショウガのサッパリ感がよくマッチしておいしかった。味的にはキンピラゴボウをイメージしていただくといいだろう。まだ半分残っているので明日また煮詰めておくと もっと味がしみて良さそうである。

体が温まったか というと定かではないが ちょっとした常備菜にいいようだ。

« ごはんの好み | トップページ | お父さんの料理 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ごはんの好み | トップページ | お父さんの料理 »