« 激安マッサージ | トップページ | 風が気持ち良い季節 »

2012年3月12日 (月)

瓦礫処理

瓦礫受け入れに反対して議会の傍聴席で一般人が騒いでいた。

騒いだ人たちは被災地の瓦礫をどうしろって言うのだろう。被災地だけ被災者だけでどうにかしろってか?

それじゃあ「あなたの家が被災して潰れた時は よその人たちが瓦礫を受け入れ拒否してて片づけられないから潰れたままにしておきますね。それでいいですね」と言われたら何と答えるかなあ。

誰かあの騒いでいた人たちに聞いてほしい。

震災1年後の昨日は特別番組ばかりだった。まだ1年しか経ってないのに。やめりゃいいのに、と思った。被災者のインタヴューなど痛々しくて見てられない。ちょっとだけ見てやめた。「明るく前向きに」って 当たり前だ。生きてる人間は食べなきゃならないんだよ。平気でなくても生活していかなきゃならないのだ。

私が19歳の冬 父が突然亡くなった時のことを思い出す。被災者の方々とは悲惨さの度合いが全く違うけど それでもやっぱり大変だった。普通に死んだのでは誰も何もしてくれない。家があっても学生続けていても それでも生活は変わるし人生観も変わるのだ。

『絆』って言葉が虚ろに響く。

« 激安マッサージ | トップページ | 風が気持ち良い季節 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

mirincafeさん いらっしゃいませ~。
もしかして被災地の方ですか?
被災地の人は あのニュースを見てさぞかし腹立たしいことだろうと思います。首都圏にも怒っている人はいるんですよ。
放射脳の人たちって津波被害の瓦礫と原発関連の瓦礫をいっしょくたに考えてるんでしょうかね。
良かったら1/30の記事
http://ppc-cookies.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-9317.html 
も読んでみてくださいね。

県外に運ぶ瓦礫の放射線量なんて微々たるものなんです。
それを自治体ごとにちゃんと管理して処理すれば、放射線が問題になることなんかありません。
たばこやお酒より全然害が少ないのに・・・

『放射脳』の人って絶対にどこかおかしい。
人間的に問題があると思います。

でも、それをおかしいと思っている火度かほかにもいるとわかって嬉しいです。

アロースターさん コメントありがとうございます。
私の言いたかったことを端的に表してくださってうれしいです。
今週刊ポストを読んでいたところで、その中に『放射脳』という言葉が出ていました。問題は根深いようですね。

今こそ
あたえる勇気より
うけいれる勇気が
大切ですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 激安マッサージ | トップページ | 風が気持ち良い季節 »