« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

一時帰宅

今日はくもり。

敷地内のタラノメの木を巡って収穫。

荷造りして一時帰宅である。

1時過ぎに出発して寄り道しながら帰って来た。

夕飯は留守番していた娘のために持って帰って来たタラノメで天麩羅。

明日は普通に学校があるから起こさなきゃ。

10時にパピヨンのお手入れの予約を入れてしまったし ロードレーサーのタイヤを買いに行かなきゃならないし けっこう忙しい。

2012年4月29日 (日)

藪こぎ

夫が昨夜到着。

今日も快晴。

藪こぎしてタラノメ採りをした。

ズボンが草の実だらけになった。パピヨンも草の実まみれ。

朝6時前に散歩した時はあったタラノメが9時に散歩した時にはなくなっているというのが不思議。別荘地内は静かである。

幸いにも うちの周りのは無事である。明日帰る前には食べ頃になっているから採ってから帰ろう。

木イチゴも花盛り。今年も大量に採れそう。

2012年4月28日 (土)

山桜とタラノメ

山桜とタラノメ

山桜とタラノメ
雲一つない青空。でも秋晴れの澄んだ空と違って春霞がかかったちょっとパウダリーな色なのが趣がある。

敷地角の山桜の大木はまだつぼみである。例年5月の連休に満開なのだが今年はやはり寒かったのだな。

犬散歩のついでにタラノメの視察&収穫。食べ頃なのはいくつもなく あと2、3日のが多数。5月3日に来るとジモティに採られてしまってホテルの朝市で売られているかもしれない。無事であってくれることを祈るばかりである。

今夜のおかずはタラノメの天ぷら。

2012年4月27日 (金)

那須である

夜仕事が終わってから息子を車に積んで高速で一路那須に来た。

連休のせいか高速は混んでおった。

桜が満開のようなのだが暗くてよくわからなかった。

家の中は15度。もう薪ストーブの時期でなくなってしまったのは残念である。明日から3日、ゆっくりできる予定。

2012年4月25日 (水)

無免許

京都の事故に続いて 無免許運転の18歳が他人の車で登校途中の子供たちの列に突っ込んで死傷者多数を出す事故を起こした。児童も保護者もおなかの中の赤ちゃんまで亡くなって 本当にいたましい事故である。亡くなった方も残された家族も気の毒で・・・

今日のワイドショーでは事故のあと、近所の人たちが救助で大騒ぎの最中に何もしないで立って携帯をいじっていた と責めていた。

休講で夕方だけ大学に行けば良くなった娘と一緒にそれを見て、娘が「バカじゃないの?無免許で事故起こしたくせに救助もしないで。とんでもないよ」と怒っていた。誰でもそう思うだろう。

それで「免許を取らせた意味」=「なぜ無免許ではいけないのか」について話すことになった。

第1の理由は「自立した女であるため」だけど「道路交通法規を勉強することで安全について考えて行動できるようにする」のも「免許を取らなきゃダメ!」な理由なのであった、と話した。

無免許でも 今のオートマ車なんて遊園地のゴーカートみたいな感覚で運転はできてしまうだろう。でも交通法規を知らず、安全運転の大切さを教習所で教わらずに乗る、ということが どれだけ無謀なことかという話になった。

「そうだね。歩行者の保護とか狭い道での走り方とかスピードとか うるさいくらいに『安全運転』と言われた」と。

それを誰にも言われない教わらないまま乗って、車の危険さを軽視して(知らずに?)いると こういうことになるのだと言ったらすごく納得していた。

「免許を持ってない高校生や中学生やお年寄りが自転車で平気で右側通行したり後方確認しないで渡ったりする理由もわかるような気がする。安全について考えてないってことね」とも言っていた。

教習所での安全運転教育で「他人の命を大事にする」ことと同時に「自分の身は自分で守る」ことも考えるようになると思う。

車は乗る人によって簡単に「走る凶器」になってしまうから 娘にそのことをもう一度よく考えさせる機会になった。絶対に当事者にはなってほしくないものだ。

犠牲者の方たちのご冥福をお祈りします。 

2012年4月24日 (火)

お買徳品?

割れせんべいの袋に大きく書いてあった。
家に帰って出してみてから気付いた。

「おかいどく」は変換すると「お買い得」である。

「得をする」という意味なのだから「徳」は はっきり間違いだろうに。

なぜ その会社がわざわざこういう表記を選んだのかがわからないなあ。

気分的におさまりが悪い。

2012年4月23日 (月)

カブトムシ始動

寒い日が続くが。

カブトムシが休眠期を終えて蛹になるために動き始めた。

しばらく水をかけずにいたので水分が足りなくなっていたらしい。今朝見たらすごく大きくなった幼虫が土から出そうになっていたので水をやった。1時間くらいして見たら みんな土の中にもぐってくれた。良かった良かった。

休眠前に足してやった土も減っているし また土を足してやらなければならないかな?

メダカたちも水面に上がって来るようになり エサをやれば食べるようになった。彼らは冬の間エサも食べなかったし底の方であまり動かずにいたけれど 生きていけるものなのだな。

寒くても春なんだね。

2012年4月22日 (日)

やっと植え替え

優花カリブラコアのブラックベリーパンチとペチュニアのピカソ(どういうのか見たかったらカインズのHP参照して)。

先週 夫に頼んで那須からの帰りにカインズホームに寄って買って来てもらった。

新聞の全面広告で見て変わった色だし「カインズホームのオリジナル」だというし 値段も1株298円と手ごろだし欲しかったのだ。

うちの分ととなりの家に上げる分とで2株ずつ買って来てもらった。

となりの奥さんもお花好きで駐車スペースいっぱいに鉢を並べている。だから先週あげたらすごく喜んでくれた。「新聞広告を見て欲しかったんだけど 近くにカインズはないし、通販で取り寄せるのも面倒だしあきらめていたの」だそうだ。いつも うちが那須に行っちゃっていない時は花に水遣りしてくださる方なのだ。ふだんはお礼に産直野菜などを渡しているが 何かいつもと違う物も と考えていた。今回はバッチリであった。

おとなりさんは早速植え替えをしたのだが うちは先週いろいろ忙しくてポットのまま1週間が経ってしまった。

今朝見たらピカソの方に花がいくつか出ているので あわてて植え替えをした。

花が咲いたら写真をアップしませう。


2012年4月18日 (水)

Abegg変奏曲

たまたま目に付いたので入った喫茶店で。
珈琲飲み始めたら音楽をかけてくれた。

テーブルふたつの小さな喫茶店でお客さんは私ひとり。いやそれが入ってみたら今どき珍しいくらいチープな店で・・・テーブルに花柄のビニールクロスがかけてある。「ありゃ」だったのだが。

音楽が流れ始めたら「ム これはflair
Abegg変奏曲(シューマン)ではないか。
懐かしい曲である。

昔 弾いたわ これ。

CDかけるにしてもけっこうマニアックなチョイスだと思ったから女主人に「シューマンが好きなんですか?」と聞いたら

「別に」と。
「これ有線なんです。クラシックはわからないんですけどね」と。

なんとなく曲が終わったら席を立っていた。「もういいや」になってしまったみたい。滞在時間は約10分だったってことだね。

2012年4月17日 (火)

ローストビーフ

今日はローストビーフ。
あとは大量のタマネギとレタスとブロッコリーのサラダ。
おみそ汁は豆腐とワカメ。

ローストビーフってオーブンに入れて焼くだけだから楽。夫がジャパンミートで100g100円のビーフのブロック(1452gとか大きいの)をいくつも買って来たから傷まないうちに消費しなければならないのだ。安い割に柔らかくて味もよろしかったのがうれしい。

家でローストビーフを作るとどうしても厚切りになってしまう。業務用スライサーで切るみたいにはできない。なのでいつも娘に「これがローストビーフ?」と言われるが「鎌倉山」のローストビーフみたいでいいと思うんだけどな。薄いローストビーフでお野菜を巻いて食べるのが好きなので厚くて巻けないのが不満らしい。贅沢だよ。

何か斬新な牛肉料理メニューを考えてみよう。

2012年4月16日 (月)

豆・豆・豆

今日は豆づくし

きぬさやのおみそ汁、グリーンピースの豆ごはん、ソラマメの塩ゆで。あとはブロッコリーとタマネギのサラダと牛焼き肉ともやし(味付けはチンジャオ風に)。

ソラマメを食べながら「ぼくは枝豆が好きなんだ」とグズグズ言う子供もいたが 春のお豆はおいしい。

2012年4月15日 (日)

ラザニア

本日の夕飯のメインはラザニア。

乾燥ラザニアはイタリア製のを使用。トマトソースも少し奮発してイタリア製を使用。ベシャメルソースとミートソースは自家製。パルメザンチーズたっぷりかけておいしくできた。

ミートソースもベシャメルソースも少し水分多めに作ったのでラザニアシートもトロトロになった。家族の評判も上々。大満足である。

採りたて生パセリのみじん切りがあったら もっと良かったかも。
家庭菜園プランターにパセリのタネを播いておこうかな。

2012年4月14日 (土)

「いったいあなたは誰なんですか!」

と言ったら
「ナンパしてる感じだったりして~」
と言われたのだと。

ゆうべのことである。

大学から夜遅くなって帰って来た娘。
雨が降ってたけど傘を持たずに行ったのでフードをかぶって駅から出た所で肩を叩かれたのだそうだ。見たらまだ若いサラリーマンのおにいさんだったとさ。

「なんかゴチャゴチャいろいろ聞いて来るんだけど どんどん歩いて行ってもなんだかんだ言いながら付いて来るし あんまりうるさいから頭に来て」言ったのがタイトルのセリフなのであった。

いや~うけたうけた(爆)。
家族みんなで大笑いである。
ナンパされていることに気付かない鈍さったら天下一品じゃないか
coldsweats01。言われたおにいさんもビックリしたことだろう。

以前にもお茶に誘われて「そんなことしてる時間はありません!」と断ったりしたらしいし 女子校育ちで免疫がないせいかなあ。

ことごとく退けてばかりいたら
 危険はなさそうだけど縁遠くなりそう。それはそれで心配なことである。

2012年4月13日 (金)

たかが?されど?PTA

年度最初の保護者会=PTAの役員決め の日だった。

息子の中学では全員が何かの部会に所属することになっている。で 私は会員研修部というのを選んだのだが、運の悪いことに部会の理事(学級代表ね)になってしまった
down。さらに全クラスの新理事の集まりでもクジ運悪く副部長になってしまったbombdowndown・・・

今年は町会でも班長をしなきゃならなくなったし何なんだろうね いったい。そういう巡り合わせの年なのだろうか
sweat02

新理事の顔合わせで、学年の他のクラスの理事さんたちと携帯番号やメアドの交換。みんな赤外線で送受信するから以前より手間はかからなくなったね。部長さんや会計や書記さんたちともプロフの交換。一挙にアドレス帳の件数が増えた。

夜 携帯のアドレス帳に『PTA』のグループを作り 今日もらった人たちのアドレスを整理。ついでに去年のPTA関係の人のアドレスを削除したり グループ分けを細かく設定し直して分類し直し。アドレス帳がスッキリした ような気になった。こういうのも「けがの功名」と言うのかな?

2012年4月12日 (木)

自家栽培の三ツ葉

自家栽培の三ツ葉

家庭菜園(?)で栽培したミツバを食べるために茶碗蒸しを作った。

と言うか 茶碗蒸しにちょっと乗せる程度にしか育ってないんだけど。せっかく生えて来たのだから食べてやりたいじゃないか。

写真は息子用のジャンボ茶碗蒸しである。

「これはうちで作ったミツバなのよ~」と言っても子供たちは「作ったあ?生えて来たんでしょ」ってなもんで 何の感動もないようで・・・

香りがどうとかってレベルのものじゃないが とりあえず『収穫』した気分にはなれた。

2012年4月11日 (水)

待ってたよ芸術新潮

待ってたよ芸術新潮

大友克洋の特集なのである。
まさか芸術新潮が大友克洋の特集を組むなんてね~。

どこも売り切れだったからAmazonに注文を入れておいたのだが今日届いた。

ペラペラとめくっただけでもグラフ頁が豊富~heart01

細密な原画がド~ンと見開きheart04

これからじっくり読むのだ。
ウハウハなのだ
notes

2012年4月10日 (火)

ようやく春の陽気

桜が満開になると毎年思うことなのだが。
世の中にこんなにたくさん桜の木があったのだなあ、という今日この頃である。

昨日今日は半袖でOKなくらい暖かかったが、朝晩家の中は寒い。でもヒーターを焚くほどではなくて。

実際 昼間は外の方が暖かいし。

で 灯油が残り少なくなっているのだが買い足しておくべきかどうか 迷う。

2012年4月 9日 (月)

カニ

カニ

アサリに混じって小さな小さなカニが入っていた。

わかりにくいが真ん中の赤いのがそうである。たまたま息子のお椀に入ってたので記念写真。

「これ食べられるの?」と言っていたが、なんという種類のカニなのかもわからないのに食べさせられない。食べられるものだろうか。

2012年4月 8日 (日)

春休み最終日

絶好のお花見日和だったが。

朝 夫は刃物研ぎ

午前中にふたりで『りらく』に行き1時間揉んでもらった。

お昼を食べてからガーデニング。
プランターに千成瓢箪のタネまきをした。
10センチくらいの小さい瓢箪ができる予定だが 種は思っていたより大きくてカボチャの種みたいだった。

昨日 娘と外回りの片づけをしておいたので土や鉢底石の置き場がきちんとなっているので気持ち良い。ガーデニングのついでにメダカの甕の中を掃除して水替えをしてやった。

息子は明日から学校が始まるので床屋に行かせた。くせっ毛なので「髪を切ると茄子のヘタみたいになっちゃうからいやなんだ」とブツクサ言っているがスッキリした。

明日は初日だが午後入学式があるのでお弁当である。

2012年4月 7日 (土)

町会班長

今年は町会の班長を引き受けることになった。
今日が1回目の会合の日だった。
前回やったのは平成11年度のことであった。

うちの班は22軒ある。
2軒ずつ組んで班長⇒副班長(副班長⇒班長)と2年連続でやることになっている。だから今年は班長で来年は副班長である。

そういうことになっているから22年に1回(というか2年)やればいいはずなのだが。なぜか13年目に回ってきた。

なぜかというと「やりたくない」「いやだ」という人が続出で 去年の班長さんが困り果てて頼んで来たのである。

班長になると月に一回土曜の夜に広報を受け取る集会に出たり、町会費を集めたり、クリーン運動で日曜の朝ゴミ拾いをしたり、日曜の朝に資源ゴミ回収をしたり、冬は夜回りしたり、赤い羽根募金したりしなきゃならない。

大事な休日に出かけられなくなったりしてイヤなのはみんな一緒なんだけど。班長はやりたくなくて「絶対イヤ」でも町会には入っているのだよね~。広報を配ってもらって資源ゴミの収集にも出したりしてるんだよね~。

22軒の中には独居老人もいるし 
体が不自由なお年寄り2人の家庭もあるから そういう人たちにまで「やれ」とは言わんよ。でもそうじゃない人たちがワガママで言うのはどうかと思うが。

町会って何なんだろう。
私だって 町会がある意味はよくわかっていないところがある。Wikiで調べてみたがうちのところは別に「自主防災組織」でもなさそう。災害時には何か役に立つのだろうか。

とりあえず浮世の義理だと思ってやるのだ。

2012年4月 6日 (金)

ブラックボード

2日目である。

1日目の時代には私の両親が教壇に立っていた。
2日目の時代は私自身が教壇に立っていた。

ドラマだから仕方ないけど。
校内暴力が吹き荒れた時代って あんな簡単なものじゃなかったよ。あそこまで大っぴらにガラス割ったりはしなかったけど 学校中の火災報知機は壊されてて非常ベルは1日に何度も鳴ったし 朝行けばガラスは割れてたし 学校中のトイレのドアが穴だらけだった。

学校内に問題児が3人しかいないはずがない。あの時期には各クラスに4.5人ずつ不良がいた。全部の先生が悩んでいた。あんな他人事みたいに「体罰は反対です」なんて言ってられる状態じゃなかった。もちろん教師が暴力をふるうことは禁止されていたけど生徒は教師に暴力ふるうこともあった。校内で不良の派閥同士が抗争してたよ。止めに入った教師は20人くらいの不良に取り囲まれて、男の先生たちは殴りたいのをガマンするためにズボンのポケットに手を突っ込んで堪えてた。学校中あっちでもこっちでも
生徒と揉み合いしてて、そういうことがあると授業は中断して教師がみんなで駆けつける。そうなると教師がいなくなった教室はその間にグチャグチャになるわけ。不良は加勢しに飛び出して来るし。

要するにあの時代の空気が描けてないのだ。
不良の存在が他の生徒を圧迫していて「イヤだな」と思っている普通の生徒の規範意識も低下し、投げやりになって学校全体がだらけて無関心無感動で みんながあきらめていた。不良をどうにかするだけでなく 全体の意識を高めて口がきける学校にするのがどんなに大変なことだったか。空気を変えるために先生たち全員が努力していたのだ。

思えばあの頃は若かったな・・・・・

2012年4月 5日 (木)

製氷機が復活

去年の夏から 冷蔵庫の製氷機がダメになっていた。壊れた訳ではなくて奥の所に大量に氷が着いてしまったせいみたいだった。水漏れしてしまって大変なことになったのだ。掃除だけでサービスを呼ぶのもナンなんで タンクをカラにしてずっと製氷機を使わないでいた。

ところが この頃製氷機が復活したのだ。

娘が製氷機のところに水を入れてみたらちゃんと氷ができて水漏れもしないし凍ればガチャンと落ちる。氷室が水浸しになって板氷になってしまうこともなく、野菜室や冷凍庫に水漏れすることもない。普通にどんどん氷を作ってくれている。

なんだろうなあ。

このまま普通に氷を作ってくれるのだろうか。いまいち信用できない気がするのだが。

またダメになった時のために製氷皿はしまっておこう。

2012年4月 4日 (水)

家庭菜園?

家庭菜園?

奥の葉っぱが『葉ワサビ』
手前の葉っぱが『根ミツバ』

切り落とした根っこ部分を「埋めておいたら出るかな?」と思い植えてみたのだ。

生えて来るもんだね~
おつゆに入れたりするほどではないけど茶碗蒸しに使えるくらいには育った。

まだ一株から1本ずつくらいしか葉っぱが出ていないので その1本を採ってしまうのはためらってしまう。もう少したくさん出て もっと伸びたら摘んで食べてあげよう。

こういうのも家庭菜園のうち?


2012年4月 3日 (火)

大荒れで

春の嵐で天気が大荒れである。

娘は3/27から大学が始まっている(身体検査や就活ガイダンスだけど)。昨日からは本格的に履修ガイダンスなどが始まったから 今日も昼前から出かけた。折りたたみ傘を持って自転車で出たが 強風だから帰りはバスで帰って来るようにメールしておいた。

しかし6時過ぎに大風大雨の中を自転車で帰って来た。「バスがすごく並んでいたから」である。

大学も「着いたとたんにお昼で休校になって学生みんな追い出された」のだそうだ。「メール配信サービスが4/1から違う方式になって設定し直しておいたのにちゃんと動作しないからお知らせが来なかった」と言う。それも困るな。

それでなぜ帰りが6時過ぎになったかというと「電車がなかなか来なくて 来てもギューギューで乗れなくて 乗ってもすぐ止まったりノロノロで進まなかったり」だったのだそうだ。「駅のホームが人であふれて落ちそうになった人がいたり雨が吹き込んで大変だったり人でギューギューな中で何時間も待って やっと乗れた」のだと。山の手線も京浜東北線も埼京線も「みんなダメだった」そうだ。

都営バスの路線を調べておいた方がいいかもしれないね。

とりあえず雨も風もおさまって来ている。
家も飛ばされずに済んだようだ。

2012年4月 2日 (月)

芸術新潮4月号

大友克洋の特集なのだが どこに行ってもナイsign03

Amazonで注文したら4/12入荷予定ですと。

芸術新潮は興味がある特集の時だけ買っているのだが まさか大友克洋を特集するとは思わなかったよ。

今月号の芸術新潮はどれくらい増刷するのだろう。

2012年4月 1日 (日)

那須は雪

4月1日だけどウソではない。
Dscf4933
雪の中のカタクリである。

朝起きたら こんな具合に雪が積もっていたのだと。「一面真っ白になっていて驚いた」と言っていた。
Dscf4938
日が昇ったら 春の雪だからすぐに溶けて こんな風になったのだと。山野草って強いね。

クロッカスも咲き始めていたけど木の芽はまだ出ていないし「梅も咲いてない」と言っていた。今年は本当に寒いのだな。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »