« お買徳品? | トップページ | 那須である »

2012年4月25日 (水)

無免許

京都の事故に続いて 無免許運転の18歳が他人の車で登校途中の子供たちの列に突っ込んで死傷者多数を出す事故を起こした。児童も保護者もおなかの中の赤ちゃんまで亡くなって 本当にいたましい事故である。亡くなった方も残された家族も気の毒で・・・

今日のワイドショーでは事故のあと、近所の人たちが救助で大騒ぎの最中に何もしないで立って携帯をいじっていた と責めていた。

休講で夕方だけ大学に行けば良くなった娘と一緒にそれを見て、娘が「バカじゃないの?無免許で事故起こしたくせに救助もしないで。とんでもないよ」と怒っていた。誰でもそう思うだろう。

それで「免許を取らせた意味」=「なぜ無免許ではいけないのか」について話すことになった。

第1の理由は「自立した女であるため」だけど「道路交通法規を勉強することで安全について考えて行動できるようにする」のも「免許を取らなきゃダメ!」な理由なのであった、と話した。

無免許でも 今のオートマ車なんて遊園地のゴーカートみたいな感覚で運転はできてしまうだろう。でも交通法規を知らず、安全運転の大切さを教習所で教わらずに乗る、ということが どれだけ無謀なことかという話になった。

「そうだね。歩行者の保護とか狭い道での走り方とかスピードとか うるさいくらいに『安全運転』と言われた」と。

それを誰にも言われない教わらないまま乗って、車の危険さを軽視して(知らずに?)いると こういうことになるのだと言ったらすごく納得していた。

「免許を持ってない高校生や中学生やお年寄りが自転車で平気で右側通行したり後方確認しないで渡ったりする理由もわかるような気がする。安全について考えてないってことね」とも言っていた。

教習所での安全運転教育で「他人の命を大事にする」ことと同時に「自分の身は自分で守る」ことも考えるようになると思う。

車は乗る人によって簡単に「走る凶器」になってしまうから 娘にそのことをもう一度よく考えさせる機会になった。絶対に当事者にはなってほしくないものだ。

犠牲者の方たちのご冥福をお祈りします。 

« お買徳品? | トップページ | 那須である »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お買徳品? | トップページ | 那須である »