« 厳戒態勢 | トップページ | 癒しの時間のはずが »

2012年6月 9日 (土)

京都のお坊さん二題

まだまだ毎日京都の話が小出しに出て来る。

今日はお坊さんの話。

先日ギターを弾くお坊さんにショックを受けた息子は京都でこんなお坊さんを見て来たのだ。

その1>坊走族?
ヘルメットをかぶってバッグをたすき掛けにして裾をヒモでしばって、そういうお坊さんが大集団でスクーターで走っていたのを見た。タクシーのおじさんが「ぼうそうぞくって言うんだよ」と言ったそうだが ぼうそうぞくのぼうはお坊さんの坊だそうで
happy01。そういうのが見られるのもお坊さんが大量に生息している京都ならではのことであるな。

その2>坊主のコスプレ?
「普通の髪をした人がお坊さんの格好をして歩いていた。なんでわざわざ坊主のコスプレなんかするんだろうね」に家族みんなで爆笑。確かに彼は今まで坊主頭のお坊さんしか見たことがなかったかもしれない。うちの菩提寺の住職さんは親子ともしっかり剃髪しているから。有髪のお坊さんを初めて見た訳だ。しかし「コスプレ」はないだろうよ。「そういうのは戒律に反するんじゃないの?」と言っていたが純情なことである。

夕食後 撮って来たデジカメの写真を見て盛り上がった。これから写っているお友達や先生の分をPOしなければならない。

« 厳戒態勢 | トップページ | 癒しの時間のはずが »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 厳戒態勢 | トップページ | 癒しの時間のはずが »