« 那須町 寿楽 | トップページ | 暑い・・・ »

2012年8月15日 (水)

終戦記念日教育

昨日は寿楽でサイコロステーキを食べているうちに大雨になり、土砂降りの中を帰って来た。

今日も夜になったら雨。

那須の夏は毎日夕立と決まっているようなものだから驚きはしないけどね。

夫と娘は夕飯後 雨の中、荷物を積んで帰った。

息子のリクエストで、私と息子は残って9:30からの「私は貝になりたい」を見てから帰ることになった。

「私は貝になりたい」は昔から映画化やドラマ化されていて子供の頃に見ているから どんな話なのかは熟知しているつもりだった。

しかし今回映画を見て、最後の「貝になりたい」という遺書を子供の目ではなく 初めて母親や妻の立場で考えた自分がいた。「妻や子供の心配をしなくていいから貝になりたい」と言われてしまったら いやはや これはどう受け取ったら良いのだろうかと思ってしまった。「貝になった私」は深い海の底で一人で心穏やかに過ごすわけで その周りには妻も子供もいないのだ。妻は夫を助けるために苦労して助命嘆願書の署名集めをしたのである。子供はお父さんにチュッとしてもらった指をうれしそうに空にかざすのである。理不尽な仕打ちをされて絶望しているのはわかるが どうなのよ これって。「妻や子供の心配」してるか?
息子には絶対こんなことは言えないが。

息子には「こういう普通の人たちが戦争に行って 戦犯にされてしまったりしても 亡くなった人たちは全部靖国神社に祀られているのだ。アメリカだったら『英雄』として大統領に称えられているけど日本で閣僚が終戦記念日にお参りすると韓国や中国にとやかく言われるのはおかしい」という話をした。

おりしも韓国も中国も竹島や尖閣諸島を分捕ろうとして いろいろやらかしてくれたから 昼間そのニュースも見ていたことで わかりやすかったらしい。

「韓流スターの追っかけやってるおばさんたちや生レバー食べに韓国に行く人たちってニュース見ないのかな?」と言っておったよ。

ということで今年の「終戦記念日教育(?)」は終了。

« 那須町 寿楽 | トップページ | 暑い・・・ »

那須だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 那須町 寿楽 | トップページ | 暑い・・・ »