« 手続き終了 | トップページ | 入試の日 »

2013年1月31日 (木)

体罰

体罰 体罰 とあっちもこっちもかまびすしい。

日本全国でゾロゾロゾロゾロ出て来る。

と 思い出すのは自分のピアノの先生のことである。

3歳の時からピアノのレッスンは大学の教授(S先生と呼ぼう)についていた。S先生ものすごく叩く人だった。3歳児だっておかまいなしなのであった。大きくなって(小学校低学年くらい?)聞いた話だと音楽界の大御所一族である井○先生の教え方がそうだったのであると。で S先生もその弟子だった。それをS先生の弟子の親たちは「厳しい」の一言で表していた。私は出来の悪い弟子だったから いや~叩かれた叩かれた叩かれまくった。決してやさしくペチっとではないのだ。間違えると「パシ~ンsign03」と思いっきり叩く。手首が下がっても指が寝ても肩に力が入っても叩く。半袖の時期などレッスンが終わるとヒジから手の甲まで真っ赤に腫れあがっていた。毎回レッスンではグスグス泣いていた(;ω;)

先生がそうだから「そういうのがいい」と思い込んだ私の母親も毎日の練習の時に叩く。毎日毎日2時間叩かれまくる3歳児。いや小学校中学年くらいからは母親が練習につかなくなったから家では叩かれなくなったけど先生の所のレッスンでは大きくなっても叩かれてた。先生は高校生や大学生のレッスンでも叩いていたから 大きい弟子が泣きながら弾いているのを見て身がすくんだ。褒められたことはどう思い返しても一度もなかったと思う。

ういう日々によって身に着いた(というか染みついた?)ことは多いし今の自分の財産にもなっているが あの日々何だったんだろう、叩かれずに身につけることはできなかったのか と思うこともあるのだ。母によると「子供は動物と一緒だから調教しないと何も身につかない。いいよいいよ、でやっていたらあなたなんかまともに弾けるようになってなかった」とのことsad

一面 真実ではあると思う。
中学生になってから よその先生から移って来た生徒が あまりにも基本的なことができてな
くて「言われたことがない」というのを聞くとため息が出るし(笑)。そういう子のおばあちゃんが「幼稚園の時から先生のところで習わせてれば良かった」と言った、というのを聞け幼少期からの鍛え方が大事なんだよ」と言いたくなる自分がいるのも確かであるcoldsweats01

でも悪い所を矯正する方法は「叩く」だけではないだろう とも思う。

うちの生徒で わからなかったり弾けなかったりすると首をかしげて私を見てベロを出してニコ~としてカワイ子ぶりっこして 自分で全く考えずに教えてくれるのをいつまででも待っているだけ、という子がいたけど「あのね~先生にカワイ子ぶりっこしてみせてもムダだからね~。わからない時に見る所は先生の顔じゃなくて譜面よ。そういう顔して見せても先生には通用しないから~happy01」と言えば あきらめてなんとか自分で譜面を読んで考えるようにはなるものだ(笑)。甘え体質は怒ったって治らないさ。

まあ あえて言えば目指す所 ということか?「趣味で楽しく弾ければいい」のと 最初から「ピアノで音大に進ませて(あわよくばピアニスト)」というのとでは親(と先生)の取り組みが違って当然だとは思う。

今日の週刊誌記事によると桜宮高校で亡くなった子は「キャプテンをやることで点を稼いで推薦で早稲田に入りたかった」らしい。すまないとは思うが それを読んですごい違和感をおぼえた。バスケの実力でなく?目指すは推薦?それはちょっと目指す方向間違っているのでは?と思った。ピアノ科に入るために15年間叩かれ続けて死ぬほど練習するのとは全く別物だわ。バスケは集団競技でピアノは個人という違いはあっても個人の技能が高くなければならないのは一緒のことだと思うのだがなあ。で そういう考えでいる子のことは叩いたってダメだろうよ。3歳児とは違う、高校生なんだから夜通しじっくり話を聞いてやれば良かったのにと思う

スポーツ系だとちょっとの油断が怪我につながるから ダラダラしてたりすれば怒られるだろう。でもミスして叩かれるのは体罰とは言わないでほしいと思う。

あちこちの運動部の体罰やら柔道の体罰やら もう「体罰」って言葉を使うのはやめたらどうか。力で抑えつけるのは「暴力」だろう。だってレッスンでミスして叩かれるのを「体罰」だと思ったことは一度もないし「憎しみ」を感じたことはあっても「愛情」を感じたことは一度もない。ず~っとコワイだけだった。あれは絶対に「できるようにさせたくてheart01」叩くんではなくて「全くもうっannoyannoyなんでできないのangry」と思って叩いていたと思うdownsweat02

« 手続き終了 | トップページ | 入試の日 »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手続き終了 | トップページ | 入試の日 »