« みキャン | トップページ | やっぱり道具だね »

2013年2月 8日 (金)

ひどい丁寧語

小松左京の本を借りに図書館に行ったbook
息子に「日本沈没」のことを聞かれて本棚から出してやったついでに読み返したら昔読んだのをまた読みたくなったのだ。

アマゾンで検索したりブックオフで検索したり でも買わなくてもいいかな、な気分になり図書館を思いついた。実家に行けば全部あるんだけどね~sweat01

実は図書館が苦手である。図書館で借りた本は読めない体質だった。古本でもいいから『自分の』本でないとダメなのだ。なので本は限りなく増殖していく。

しかし小松さんの本は絶版が多いし古いからブックオフの店にはないし 節を曲げて図書館に行ってみることにして検索したら⇒あるわあるわさすがに図書館である。おまけに古いせいか「貸し出し中」がないから好き放題に借りられる。

新しい図書館は検索機もたくさんあって、置いてある書架の番号と場所を「地図」表示してくれる。「総合案内へ・・・」の表示があるのは書庫に入っているらしい。

総合案内カウンターに行き 書庫から出して来るのを待つ間に貸し出しカード申し込みを書いた。免許証と一緒に出して すぐ作れた。

こまでは良かったのだが。

「ご利用のご説明をいたします」と女の人が説明してくれた最後に「こちらのカード市内7か所全部の図書館でお使いすることができます」と言われてひっくり返りそうになった。ありえね~angry言葉づかいである。こんなひどいのは初めて聞いたわ。

それで おばさんは反射的に「お使いすることができます は間違いでしょう。お使いになれます と思いますよ」と言ってしまったよ。あるいは「ご利用になれます」とか「使うことができます」だって全然OKなんじゃないかな?「お使いになることができます」だったらセーフだったのに惜しかったね~。

すぐに「すみません」と言って言い直したけど上の者はもう少しちゃんと教育しろよと思った。公営だけどサービス業だからね。

さて 自動貸出機も並んでいて面白そうだったので貸し出しカウンターでなく自動貸出機を使ってみた。ウヒョヒョ早いし面白いわ。で 貸出レシートを取り、サービスカウンターで駐車場の30分サービス券をもらい帰って来た。

図書館も『有り』かもしれんなあな気分になったが 借りた本をまだ開く気になれないのが困りものであるcoldsweats01

ところで
先日のビックカメラの女の子もひどかったのだよ。「お現金から」と言うから思わず「現金てヘンでしょ」と言ってしまったら「はい」とは言ったがあとはふてくされてひどい態度だった。

サービス業の丁寧語すごいことになってるみたいだよ。

« みキャン | トップページ | やっぱり道具だね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« みキャン | トップページ | やっぱり道具だね »