« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月28日 (水)

夏は戦争を考える

本日より息子の高校は二学期が始まり、「はだしのゲン」も決着ついたそうだし「風たちぬ」はいろいろケチつけられているし アメリカはシリアを爆撃しそうだし 夏休みは終わったが今日は戦争を考える日になった。

「はだしのゲン」については思う所が多々あるが ここでは書かないことにする。

アメリカのシリア爆撃について家族でニュースを見ていて話し合ったこと。

「なぜアメリカは戦争ばかりしているのに軍国主義だとか言われないで 日本は靖国参拝をするだけで軍国主義と言われるのか」

深い問題である。
ひとつにはアメリカの爆撃には世界に対する「大義名分」があるからなのだろう。それでも今回は非難されているが。イランイラク戦争の時は間違ったとはいえ『核爆弾』という「大義名分」があったし シリアは『化学兵器』という「大義名分」がある。もうひとつ「侵略戦争ではない」からという言い訳があるせいだろうか。という話になった。

「アメリカが勝手に『世界の警察』と言っているだけじゃないか。なぜそうなったのか」

これはモンロー主義から話をしなければならないが
sweat01。まあ簡単に言っちゃえば力を握ったら使いたくなるのが人間の業というもので、力を持っていても使わないでいたら二番目三番目が伸して来るから ということにしたcoldsweats01。ということは「戦争は永遠になくならない」ということだsweat02

「じゃあ日本は」と言われたら

これは難問である。資源の面では確実に下位に甘んじるしかないが 人間の質では確実に世界一だと誇って良いと思っている。これから大人になる人間にはその質を下げないように日本と日本人について考えて生きてほしいものだ としか言えない。

日本人は太平洋戦争以後、武器を使う戦争とは別のところで戦って来た。しかし この後もずっと戦争をやらずに済むかというと それは誰にもわからないことだから 話をする機会を持ちやすい夏休みに戦争について考えるのはムダではないと思っている。 

2013年8月25日 (日)

鈴木先生

「何を今頃 鈴木先生?」と言われそうだが、TSUTAYAでコミックレンタルを始めて 10冊500円だったから全11巻まとめて借りて来たのである。

TVドラマになったのも知っているが見ていない。「どこにでもいる平凡な教師が悩む話」みたいに言っていたようなおぼえがある。軽い気持ちで読み始めたのだが これが
トンデモナイ代物だった。鈴木先生みたいな人は「どこにでも」いないし「平凡」でもない。人並みに悩みはするけど自己完結で立ち直れちゃう。平凡なのは名前だけ(仕組んでるな~)。

内容については言わない。

絵ははっきり言ってヘタ。

作者の言語能力(思想を言語化するチカラ?)が圧倒的な圧力と物量で迫って来る。

しかし読み進んで行くうちに「うん?ちょっと待てよ」になった。

鈴木先生は他人(保護者 生徒)の言うことを聞かない。と言うか言わせない。「お母さんはちょっと黙っててください」で黙らせる。生徒がなにか言うと「今おまえは○○○と言ったが それはこういう意味になるのをわかっていてその言葉を使ったのか」と黙らせる。こういうのを「言葉尻をとらえて難癖をつける」と言うんじゃなかったっけ?と言いたくなるような場面もある。また それを中学生が真似をして「さっき こういったけど」と同級生に詰め寄ってたりする。

つまり鈴木先生はディベートはしていない。相手を黙らせて叩きつぶすまでやるのが討論だとしたら それには成功しているが。

ただし ここからが一筋縄ではいかない人で、ちゃんと相手が深く考えるように持って行くのだ。世の中言葉の裏や奥にあるものまで読んで深く思考できる人ばかりじゃないんだけど「そうか
flairだから先生はああ言ったんだsign03」と ほぼ全ての人(生徒 親 同僚の先生)が納得してしまう。まあ「わかってくれたcatface」とホッとしている場面もあるけど わかってもらえるまでしゃべり続けているという自覚はなさそうである。

スゴイぞ鈴木先生
(≧∇≦)
あのロジックは
(*^m^)
これでもか、と浴びせかけて来る過剰な言葉。あれを現実に聞いたら咀嚼しきれなくて消化不良を起こしそうだけどな。

あれだけ言いたいこと言っている間 黙っててくれる人ばかりじゃないはずだが。そういう意味でリアリティはない と思う。間の取り方がうまいのだろうと思うが、ソクラテスの対話もかくや、と思わされる場面がてんこ盛りである。

みんなが言いたいことを言い合って解決してしまう ということは現実にはないように思う。そういうことができないから思春期の子供たちはウジウジしてたり悩み多い中学校生活を送ったりしているわけで。

性の問題はこれでもか、というくらい描いているが 今世間で一番(たぶん)問題になっているイジメの問題には触れてはいるが踏み込んではいない。さすがにハードルが高かったか?

と書いて来たが「鈴木先生」を否定するものではない。こういうロジックで迫れば人間が未熟な中学生も納得しやすいよなあ という目からウロコの経験ができる。少なくとも「金八先生」よりは共感しやすいだろう。『正論』をナマで振りかざすのではなくテクを駆使している。

結論 思考を他人にきちんと届く形にして言語化する能力は大事だ。これじゃダメかな?

余談になるが
巻末に解説を書いている人たちって大変だっただろう と思う
sweat01

2013年8月24日 (土)

新しいメガネ

先週 きちんと近視も遠視も乱視も検眼してニコンのPC用レンズで作ったメガネができたeyeglass

安いメガネチェーンで作ったのだが すごく高くなってしまった。スタンダード遠近両用9800円~だったはずが どうもプレミアムタイプで作ってしまったらしい。PC用にして更に3000円upしたし・・・・・初めて作る遠近両用だからお試しのつもりで安い所に行ったはずだったのだが どこでどう間違えたのやら
sweat01

見え方がすごくヘンだったらどうしようと思っていたのだが 意外なことに使い勝手が良いではないか
upスムーズに遠くから手元まで焦点が合わせられる。ブルーライトカットも効いているようだ。レンズに微妙に薄い色が付いている。プラスチックレンズだから軽いしnote

受け取ってすぐにかけて食料を買って、車を運転して帰って来たが無問題。本を読むのも楽である。一日中PCを使ってみて目の疲れ具合はどうか?というのは来週になって仕事に行ってからのお楽しみ。

高く付いたけど 結果オーライみたいなのであった。

2013年8月23日 (金)

息子の帰宅

やっぱり関越は混むのだね~
1時過ぎに出て学校着が8時過ぎであった。

勉強合宿に行っていた息子の話。

予定では6時半着だったのだが7時過ぎたところで先生から「家に到着が8時過ぎになると連絡しなさい」という指示があり、バスの中から全員一斉に家に電話したのだとのこと。イマドキだよね~(笑)

「迎えに来て」と言う。雷もあり突然の豪雨もあり なので学校まで車で迎えに行った。行ってみたらお迎えの車がゾロゾロたくさんいた(笑)いや~迎えに行ったのがうちだけだったらどうしようかと思ってたのだが 心配ないわ。

夕飯は息子の好物を用意しておいたのだが おなかがすいてるだろうしノドもかわいているだろう、と途中のマックでポテトとマックフロートを買って食べさせながら合宿中の話を聞きつつ帰って来た。

三食付きで朝はお米 昼はいろいろ 夜はバイキングだったと。「夕飯のバイキングの時は3年生が目を血走らせて食いまくってた」とか。「今日の昼食はハヤシライスだったんだけどお代わりに行ったヤツによると途中からカレーになった」とか。みんなが食いまくるからハヤシライスが足りなくなったんだろうか?

特進と進学選抜のみと言っても3学年合わせたら食べ盛りの男ばっかり150人以上いるわけだから すごい量のごはんを作っていたのではないだろうか。先生たちも全員男だしね。

山の上のスキー場のゲレンデ前のホテルで「エアコンはなかったけど朝は冷え込むし4日目だけ長袖を着た」のだそうだ。行きと帰りは制服、館内では私服である。

「普通のお客さんもいた」とのことだが 体のでかい高校生男子がウヨウヨいるところに来てしまって災難だったことだろう。

「朝の山道散歩以外はいっさい外に出なかった」5日間。朝8時から夜11:15まで毎日15時限の授業をしていた先生方もご苦労様でした。

風呂場で騒いで怒られ みんなでペナルティくらって自習時間を伸ばされたり(笑)級友との濃い関わりも持てて「すげえキツかった」けど楽しかったようである。

家でダラダラして夏休みを消化してしまうよりも ずいぶん有意義に過ごせたようだ。

バカでかいスポーツバッグに5日分の衣類と勉強道具と履きかえ用スニーカーなどを入れて持って行ったのだが「重くてたいへんだった」と言うので、次の勉強合宿の時には海外旅行用のキャリーバッグにしてやった方が良さそう。

さて 週が明ければ2学期の始業式、次の日には学力テストが待っている。

2013年8月21日 (水)

久々の雨

ゆうべは夜中からドシャドシャとしばらく降って 今日も「ゲリラ豪雨に注意」と朝の天気予報で言っていた。

結果は
外に出たら雨上がり、で蒸し暑かっただけ。

今日はちょっとだけ気温が低かったかな?

夕方4時過ぎから雷らしきものが鳴って ひとしきり雨も降ったらしい。

というのは
 窓には全部ブラインドが下りているので外の天気なんかわからない。高層ビルの中にいると雷の音がふだん聞いているのとは違う。ドラムを鳴らすような音で「何?これ?雷?」という感じ。避雷針も付いているだろうから落ちても大丈夫なはずだが 上の人たちは「停電しないかな?」と心配していた。何百台も動いているPCからサーバから全部ダウンしてしまったら そりゃ大変なことになる。けど そういうことにはならなかった(笑)

「外は雨」と思って出たら終業時には上がっていて道路が濡れているだけ。ちょっとだけ拍子抜け。

電車を降りてもやっぱり雨は上がったあと。
時々雷がピカピカしてたけど普通に自転車で帰って来られた。家の方では5時過ぎに15分くらい降っただけらしい。蒸し暑かったけど風が出ていたのでそれなりに涼しく感じた。

で 今また降って来た。
けっこうな勢いで降っている。
朝までには上がるのだろう。
ずっとシトシト降ってられるよりはマシかも。

山のダム湖のあたりでたくさん降ってほしいな。

2013年8月19日 (月)

志賀高原で合宿

今朝 とうとう息子が勉強合宿に出発した。
行き先は志賀高原である。

ということで
今日は休みを取っていたので息子を機嫌良い状態で送り出したあと 普段できないことをやった。

その1*犬のお手入れを予約しておいたので ショップまで送り迎え。

その2*お手入れしてもらっている間に 山ほど溜まっていたカタログ類を車に積んで環境センターに自己搬入。20キロもあったらしい。

息子がいないと静かである。

ちゃんと勉強やっているかな?

2013年8月18日 (日)

床屋

明日から高校の勉強合宿に行くので息子を床屋に連れて行った。

ついでに私もカットしてもらって顔剃りをして来ようと思ったのだが。

「え~切るんですか~?カットも~?」と女性の理容師さんがカットするのをものすごく嫌がるのだ。こういう風に、と説明しかけていたのだが あまりにも嫌がるので不安になり顔剃りだけやってもらうことになった。女性の美容顔剃りはそれなりのお値段なのである。カットとセットにすると少しだけお得になるのだが あきらめた。

で 結局顔剃りだけしかやってくれなかったので カットは美容院に行くことになった。二度手間である。

たぶん女性はスタイルにうるさいから理容師さんは嫌がるのだろうなあ。

顔が一皮むけたので 夜フェイスマスクでパック。


2013年8月17日 (土)

朝から据え付け

20130817_1151221

全体入れると周りのゴチャゴチャまで入ってしまうので天板の一部分。

20130817_1154491

脚。耳付き板大好き人間だから これも耳付き板である。「耳の部分を磨くのが大変だ」と言いながら やっぱり耳付き板を使うのであった。

20130817_1523531

中央部分の杢 全体に杢が入っているのだが ここが一番きれいでピカピカ。

朝から夫の手伝いをして据え付け完了。重かった~。

色白の木だから据えたら部屋が明るくなった。

ツルツルスベスベなのでお皿がスルンと滑る感じ。

昼前からふたりでスーパーに買い物に出て仕事用にメガネを新調して来た。出来上がりは1週間先。今度のは遠近両用のPC仕様にした。「眼が若い」と言われたがどういう意味だろう?目の若さを褒められてもあまりうれしくないような・・・出来てくるのが楽しみである。

同じスーパー内の電気屋で扇風機を購入。
あまりに暑いので エアコンの風が回りにくい所に置くためにスリムで背の高いタワー型のにした。風があるだけで全然違うものだ。

それから 新しいテーブルにコップの水滴の跡が付くのがイヤだと言う夫のために家族分のコースターを購入。出してあるコップのうち外側に水滴が付かないステンレス製のはふたつしかないから。。。。。

暑さで枯れてしまったプランターを片付けたりしようと思っていたのだが あまりの暑さで外に出たくないので昼寝した。

明日は息子の準備もあるし いろいろやらなければ。



 

2013年8月16日 (金)

お盆休みも終了間近

涼しい涼しい那須の家から夫と息子が大量のブルーベリーとミョウガを持って帰って来た。

私と娘も明日あさっては休み。

本当は今夜から入れ替わりで那須の家に行きたいところだが 月曜から息子が高校の勉強合宿に1週間行くので準備があって それどころではないのが残念である。

夫が1年がかりで削って磨いてツルスベにオイル仕上げしたダイニングテーブルを持って帰って来たので 明日はダイニングの片付けと天板に足を取りつける手伝いなどをさせられるし。

その天板の一部分である。
材質は栃で耳付き。
杢がきれいに出ているのでピカピカ。
真ん中に芯が少し出ているので景色がいい。

据え付けが終わったら全体像を撮ろう。

20130816_23354211

今 厚みは5cm程度である。
しかし この板って買った時は8cmくらいあったはず・・・

10年近く寝かせておいたのに削り始めたら暴れ出したらしい。反りもよじれも出て平面を出すのに苦労していた。なんとか平面を出して那須から帰って来ても1週間経って行ってみたらまた暴れている の繰り返しで 1年以上かけて
(でも週末だけだから実態は50日くらいか?)削って磨いて削って磨いて厚みがこれだけに減ってしまったのだ。

木というモノはつくづく長命なヤツである。法隆寺の柱でも表面を削ると香りが立つ というのもむべなるかな。法隆寺の木に比べたら この栃の木なんて板にされてから店で20年寝かせて、うちで10年寝かせただけだから まだまだ若造で枯れてないのである。暴れるのも仕方ない。

それも とうとうダイニングテーブルにされてしまった ホホホ。据え付けるのが楽しみではあるが150センチ×90センチ×5センチだからメチャクチャ重い。息子に手伝わせよう(笑)

明日は5時起きしなくていいのがうれしい。

2013年8月15日 (木)

明日はどうかな?

終戦記念日
黙祷
_| ̄|○

飯田橋までバイトに行っている娘によりますと 九段の神社の周りは機動隊が20台くらい来てバリケードを張っていて右翼の街宣車が来ると通せんぼをしていたそうな。

私が行っているのは全くそういう歴史とは無関係な埋め立て地だから いつも通り。休みの人が多いからエレベーターもすいている。この間から朝のエレベーターの分割運転の分割のしかたが変わったせいもあるかな?乗り換えずにノンストップで行けるのは快適である。

今日はとうとう家中のエアコンを付けっ放しで出かけた。2階はずっと付いていたのだが 涼しい空気がおりて来るだけだとお留守番のお犬様が1階でうだってしまったようなので、犬のために設定27度にして24時間エアコン・・・この暑さはいつまで続くのだろう。破産する前に涼しくなってくれ~。

那須の夫と息子は「朝20℃くらいで涼しい」のだとさ。ブルーベリーとミョウガが豊作だそうで「たくさん持って帰るから」と言っておった。 

2013年8月14日 (水)

楽~~~

朝 道路に車が走っていなかった。
いや少しは走ってたけど(笑)

電車がすいていた。

会社のエレベーターがすいていて並んでから7分で19階に着いた。新記録である。

楽だよ~~ん。

でも問題は帰り。
お台場で遊んだ帰りの人たちで電車が混むのである。

明日あさっては有給を取っている人が多いのだと言っていた。きっと明日もすいた電車で行けるな。

これはこれで悪くないわ。

と 思うことにした。

2013年8月13日 (火)

世間はお盆休みなのだ

宴のあと
本日の駅は もうコミケモードではなくなっていた。名残のポスターが何枚か残っていたくらい。

変わって
今日からお盆休み。

いつもの電車は空いていた。
多かったのは大荷物背負った家族連れだったりして お盆休み&夏休みを実感。

会社のエレベーターも空いていた。
お盆休みにした会社もあるのかもしれないし、有給取っている人が多いのかもしれないし。

夫と息子は今日から那須の家に行った。例年なら家族全員で行くのだが 今年は私も娘も仕事&バイトである。9月は連休が2回あるから まあいいや。

電車もバスも動いているし、自転車置き場のおじいさんたちもKIOSKのおばさんも働いている。お盆休みじゃない人たちってたくさんいるのだ。

ということで
夜 夫と息子がいないと女ふたりで楽なのである
scissors

2013年8月12日 (月)

コミケ最終日

(月)だけどコミケ最終日なので 本当に朝すごかった。

8時前のりんかい線の乗車率は相当なものだったと思う。コミケに行く若い人たち、女の子は大きなキャリーバッグを持っている子が多いからなおさらである。あの中身はコスプレ衣装なのかな?新宿で座れちゃったから私は大丈夫だったけどさ(笑)大井町の駅員さんがドア閉まる直前に「さあup思いっきり~sign03」と叫んだので車内の若い子たちが大笑い。ルーティンワークに出かける会社員の人たちとの温度差はかなりなもの( ^ω^ )

駅から出るにもエスカレーターを降りてからグルッと構内を回らなければ出られない。さらに駅前からビッグサイトまで全部人で埋まって なかなか進まないのでロータリーを反対側から回って行った。そっちも人が溜まっていたけど三角コーンで「コミケの人は通行禁止」の通路が作ってあった(笑)
20130812_1306361

9時前に19階から見た時は階段も橋も人で埋まり 橋を渡った所の広場(写真右上の四角い所)に たくさんの人が何組にも分けて整列させられてキッチリ座っていた。コンクリが焼けて熱いだろうにと思ったが たいへんに皆さんお行儀がよろしい。

休憩の時に見た時は みんな中に入ったあとらしくて それほどの人は歩いていなかったが 1時過ぎに12階から見た時には こんな↑だった(上の写真参照のこと)。

コミケは4時終了とのことだったが 6時に会社を出た時には まだた~~くさん残っていてベンチや芝生や道端に座り込んで(へたり込んで?)いる人多数。

6時過ぎたとたんにバタバタと大粒の雨が降り出したので駅も混んだ。

駅前のコンビニでは売れ残りの萌えキャラクリアファイル(350円)などのグッズ販売をしていた。今日売っちゃわないと明日からは売れないものね~。

ゴミの量もすごくてゴミ集めの人の数もハンパなく多かった。暑い中でたいへんなことだ。おかげさまでゴミが散乱することもなくキレイだった。

あと多かったのは救急車の数。休憩時間に見ると必ず何台か走っていた。何回出動したのやら。

こちらは一日中エアコンのきいたビルの中にいて冷えてしまうから、休憩ごとに外に出たりしているが コミケに行った人たちはさぞかし暑かったことだろう。

帰りの電車で「今日で終わってくれて良かったよねえ。朝早くに出なきゃならないし これが何日も続いたらやってけないわ。」と言っている人がいた。そうだよね~。

でも私的には 朝黙々と歩く会社員だけでなく、ワイワイと楽しそうな群衆を見るのもけっこう楽しかった(笑)

 

2013年8月11日 (日)

ブルーベリー狩り

毎夏恒例のブルーベリーネタで恐縮ですがcoldsweats01

今年はブルーベリーが豊作である。
20130811_0850371

黒く熟した粒がどれも大きい。
7月は町会の盆踊り 8月始めは法事があって、夫も3週間ぶりくらいに行ったので その間は収穫できず もうすでにかなりの数の実が地面に落ちてしまっていた。それでもまだまだたくさん生っている。

実が育つ時期には水がたくさん必要なのだそうだ。那須の家だから毎日水遣りするわけにもいかず お天気次第なのである。去年は実が例年通りたくさん付いたが大きくならず、熟さないままのものも多くて たいして採れなかった。今年は雨が多いのでよく実が熟しているようだ。

朝15分ほど採っただけで大きなザルに山盛り2杯ほどになった。完熟しているのでさわるだけでポロっと採れる。どれも立派に大きな実なのがうれしい。

さてさて何を作ろうか。

 

2013年8月10日 (土)

家族全員での那須

家族全員で那須の家に来た。

 

いつ以来なのやら。

 

涼しい。

 

家の中は熱がこもっていたが 家中の窓を全開にしてしばらくしたら涼しくなった。窓から入る風が気持ちよい。家の中でエアコンなしで汗もかかないってのもひさしぶりのことである。

 

山盛りの生野菜と温野菜とホエー豚の焼き肉で簡単な夕食。

 

お風呂でサッパリして 夜が長い。

 

明日は犬の毛ガキをする予定。ジョイフル本田でファーミネーターという毛ガキ器を買って来たのだ。

 

あとはブルーベリーの出来具合を見て。収穫できるかもしれない。

2013年8月 9日 (金)

コミケー2

去年の夏コミの参加者は56万人とかΣ( ̄ロ ̄lll)

とにかく人出はすごかったらしい。

去年の夏コミ冬コミの時のことを知っている社員たちによると「電車は始発から乗車率200%だから いつもより30分は早いのに乗った方がいい」とか
sweat01

その他 会社からの注意事項として
「お昼は周りの店がコミケでいっぱいになるのでお弁当持参のこと」であり「当ビル内の店に来る人もいるからIDカードを常に下げていること」というのがあった。なるほど。

もう周辺のコンビニ(これがあきれるくらいたくさんある。各ビルに1軒ずつは確実にあるね)は 今日からコミケモードに突入。前からジュースの箱を各種山ほど積み上げてあったが 今日はとうとう店の前にジュースを冷やす子供プールみたいな箱をたくさん並べてホースで水を入れて。

暑いし どんだけ~
sign02と言いたくなるくらい売れることであろう。

それにしても56万人かあ・・・・・
ディズニーリゾートが1日8万人とか言っているが 東京ビッグサイトはそれより狭いのに・・・・土日に20万人ずつで月曜が16万人くらい?ウヒャ~。幕張メッセでやる次世代WHFには何回も行ったが あれも狭い会場にモリモリに人がいてとんでもない代物であった。ビッグサイトはそれよりは広いだろうが どんななんだろうね。

怖いもの見たさもあるけど 様子は月曜に見られるから土日は行かないのだ(笑)

2013年8月 8日 (木)

緊急地震速報

夕方 突如鳴り渡ったアラーム音。
大音量で鳴り響いた。

緊急地震速報の音である。

全員(たぶん)手を止めて どこから聞こえるのかキョロキョロ顔を見合わせた。

19階で地震の緊急アラームを聞くのはあまりありがたくないことである。

鳴り止んで みんなまた普通に仕事に戻ったが、問題はそのあと。

会社のオフィス内はハンカチ 扇子 貴重品以外の私物は持ち込み禁止なのである。特にメディアや携帯スマホは厳重に注意されている。

なのに緊急地震速報のアラームが鳴り響いた、ってことで。そっちの方が問題になってちょっとした騒ぎになった。

ロッカー内のハンドバッグに入れてある各自の携帯が一斉に鳴ったのだろうか?

いやいや違うと思うんだよ。
だって男性は携帯やスマホを尻ポケに入れている人たくさんいるもの。フロアマネージャーとかエリアマネージャーみたいな偉い方の人たちは絶対にそんなことしてないと思うけど、オペレーターにはそういう人がたくさんいるのだ。休み時間になったとたんに ロッカーに寄らずに廊下に出てスマホいじっているんだものスマホはずっと尻ポケの中さ(笑)

いつもなら小さいことでもしつこく大騒ぎして禁止事項が増えたりするのだが 今回は不思議と厳しい追及もなく済んだ。

モノが『地震』だからかな~?
本当に地震が来た時 地震速報が鳴っていたのに誰も知らないままで大惨事になってしまうこともあるかもしれないから?それで「知らないままでいるよりは鳴って知らせてもらった方がいい」になったのかな?

ともあれ
地震が来た時 高層ビルの中にいたなら そのまま動かない方が良いようだ。 




2013年8月 7日 (水)

コミケ始まるよ~

今週末から東京ビッグサイトでコミケが始まる。
ので 駅はこんな風になっている。

いやあ(月)の朝 駅に降りた途端に「いったい何が起こったのだ」と思ったhappy01
20130807_1822111

天井からはコードギアス、エスカレーターの壁には電撃文庫やら何やらラノベ系文庫の萌キャラが隙間なく張り巡らされて こんな感じである。なんとなく心が浮き立つものがある。文化祭みたいなもので、きっとやってる人たちは楽しいんだろうな。

20130807_1823051

期間中 どれくらいの人がこの駅を利用するのだろうか。

ビッグサイトから 徒歩5分圏内に駅が3つある。ゆりかもめの駅もこんなになっているのかどうかは知らない。もっとすごいことになっていたりしてね(笑)

月曜までやっているそうだが 月曜は会社が営業しているから 文化祭気分も垣間見られる かもしれない。夏休みだし、月曜の朝 電車がひどく混んでたらイヤだなあ。

と言いつつ定期持ってるから土日にコミケに行ってたりして(爆)

 

2013年8月 6日 (火)

知性と教養

今日は気分転換にいつもと違うルートで帰って来た。

その いつもと違う電車の中でのこと。

ドア脇に大学生くらいの若いカップル。
女性はケバくないが今風のおしゃれしてなかなかキレイ目、男性は背が高くなくて(ヒールはいた私より低いが彼女と同じくらいの高さ)イケメンでもないフツーの子。

すぐそばに立ってたら自動的に話が聞こえるわけで。

男性が女性に向かって大口開けてアクビしてるのを見て「なんじゃ~」と思ったのだが、そのあとである。

「ダイオーイカの番組見た?オレひとりで見たんだけどさ 今度一緒に観たいんだ」と。ほうほう あれは評判が高いわね。ところが大きさとか映像とかの話ではなく「研究している人が40年以上かかって60過ぎて」と言うので 思わず耳ダンボ。「40年以上も同じことを研究し続けているって」と続く フムフム。大アクビして口の中丸見えだったけど この子は真摯に他人が取り組んでいることに敬意を持てる子だったんだ~。

アキバに停まれば「ここにハンモックで本を読めるカフェがあって 行ってみたいと思わない?」と。「ハンモックで本読めたら気持ちよさそうじゃない」と。ほ~この子は本を読む子なわけね。

背は低いけど イケメンでもないけど 知性と教養の面から言ったらアホゲーばかりやっていてヘンな喋り方するチャラくてオシャレなイケメンよりかなり相当マシかな。いや本当のところはどうか知らないけどさ。彼女さん 彼は背は同じくらいだけど中身は良さそうだよ。なかなかお目が高い。

ということで
娘にカレシなどというものができるとしたら せめてあの程度のラインにしてほしいと思った。あ 背は子孫のためにも高い方がいいと思うけど。


2013年8月 3日 (土)

文明堂の工場売店

文明堂の工場売店で釜出しカステラと普通のカステラのミミ切り落としを買って来た。「カステラ」というモノを自前で買うのは何年ぶりであろうか。
20130803_1153001

文明堂の工場で売っている釜出しカステラがおいしい、というのを前から聞いていて 甘党の夫が先日工場の脇を通って思いだしたので「買って来て」ということになったのだ。

工場はあっちこっちにあるようだが 今回行ったのは西高島平駅近くの板橋工場。

釜出しカステラは「浦和の工場でホカホカなのが買える」と聞いていたのだが 板橋ではしっかり冷めているのが箱に入って山積みになっていた。「ホカホカ」だったはずなのに当てがはずれたが、とりあえず買うことにしたheart03

他にカステラのミミが3種類(プレーン抹茶チョコ)あったので1箱ずつ購入。ミミはひとり2パックまで、と聞いていたが問題なく3パック買えた。

 

釜出しカステラの箱に入っていた説明書によると「カステラは焼いてから熟成させ しっとり感を出してから売る」ものなのだそうだ。それが「焼き立てを食べたい」という声が多いので「焼いてすぐ食べておいしいように配合を変えて作った」のが釜出しカステラであると。

おやつの時間にみんなで味見。
釜出しカステラは
ミミと食べ比べてみたら黄色味が若干薄く 甘みもしっとり感も少ないがキメは細かいようだ。ホカホカならおいしいのかもしれないが。うちの人たちの軍配は「普通のカステラ」に上がった。

子供たちの感覚だと
「カステラでおやつってナンカ古っぽい」「おやつにまんじゅうっていうのと変わらない」ものらしい。今やそういう存在になっているのだな。

それにしてもeye
売店は配送所の片隅にあるのだが普通の和菓子屋のようにショーケースの上がガラスの引き戸になっていてピッタリ閉まっていた。近寄って行ってもガラス戸は閉まったきりだし やってないのかと思って角を曲がって(2面がショーケースでガラス戸付き 中には入れない)別の窓からのぞき込んだりした。ガラスに顔を近づけて覗きこんだら中には制服を来た女性が4人もいたのでガラス戸を叩いて声をかけたら一人が出て来てガラス戸を開けてくれたけどさ。その人は最後までニコリともしないで売ってくれたのさheart03

なんか そういう感じで売ってくれてもなあ な気持ちになった。家に帰って袋から出したら あんずあんのカステラロールとマーマレードをはさんだブッセが1個ずつおまけに入っていたけど そういうのを入れるよりフレンドリーな態度の方が大事でしょ と思った。

 

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »