« 那須は秋 | トップページ | 15年ぶりくらいのフェリシモ »

2013年10月 7日 (月)

夜はキンモクセイの薫り

うちの庭のキンモクセイも山ほど花を付けてよく匂っている。

今日は仕事の帰り道、町中がキンモクセイの薫りに包まれている感じだった。

どこにあるのかというと どこから匂って来るのかわからないのだが。

自転車で走っても走っても どこもかしこもキンモクセイの匂いがする。そんなにあちこちにキンモクセイってあったっけ?と思うのは 春に町中に桜があったことに驚くのと一緒だね。

この程度なら自然の芳香剤で やさしい感じでなかなかよろしい。

で 家に帰って来ると、こりゃキツイわ(笑)。
ジンチョウゲを植えなくて正解かも。

適度に風が吹けば匂いも拡散して行くのだろうが。

秋の気配の魁だから この匂いも あと何日かだと思うと けっこう愛しい。

キンモクセイの薫りの消えたあたりから本格的に秋になる。 

« 那須は秋 | トップページ | 15年ぶりくらいのフェリシモ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 那須は秋 | トップページ | 15年ぶりくらいのフェリシモ »