« クリスマスは近い | トップページ | 自家製春巻き登場 »

2013年12月15日 (日)

三の酉

今年は三の酉まである年だったのだなあ。
と気が付いたのは 朝出勤した時。

神社の前から途中で曲がって駅までと、神社の脇から駅前大通りに出る道がぐるっとコの字に全部ホコテンになって両脇が全部屋台になるので、朝からテキヤさんたちが立ち働いていたのを見て気が付いたのだ。

会社のビルの前も全部屋台で塞がれて、通りに面した市営駐車場は休業。お酉さまの日は延長1キロくらいの両側に屋台が立ち並ぶのだ。酉の市と言うよりは『屋台の日』みたいなもの。

昼休みに那須に行った息子に電話して「屋台の食べ物買ってやるから夜仕事が終わる時間に来る?」と言ったら「行かない。白い鯛焼きとたこ焼き買って来て」と。バカヤロ~sign03な息子である。

夫と息子は、ずっと雪が降り続いていて15センチくらい積もっているし 薪割りもできないから昼を食べて早々に帰って来たらしい。電話した時はもう帰りの車の中だった。

仕事が終わってエレベーターで下に下りたら正面玄関から屋台の食べ物の入った袋をぶら下げた親子連れが続々と入って来る。何かと思ったら、途中でトイレに入って、そのまま向こう側の出口から裏道に出る通り道にされていたようだ。オフィスビルだから1階にもトイレがあるし、出入り口が3か所あるから便利なのだな。近所の人は良く知っているものだ。

さて それから「白い鯛焼き探しの旅」に出た(笑)。もう本当に自分でもバカみたいだと思うよ。

自転車置き場から自転車を出して来てしまったので、人ごみを歩くのに苦労した。なので駅前からまっすぐ行って曲がってじきにあきらめた。テキヤのお兄さんに聞いたら「白い鯛焼き屋さんは今日は出てないと思う」と言われたし~coldsweats01

それで その辺の店で『大たこ焼き』と『広島焼き』を買ってから路地を曲がって駅前大通りに出て帰って来た。

屋台通りからはずれると、とたんに風が冷たい。

夫は那須の家の雪景色の写真を撮って来たsnow。雪の中のログハウスはクリスマスカードのようで趣があって良いものだsnow

13日の夜中にベランダからたくさん見えた“ふたご座流星群”だが「那須の家だともっとたくさん見えるだろう」と楽しみにして行った息子にしたら、雪で全く見えず、残念な結果になった。行きの車の中で夫とふたご座流星群の話をしながら行ったとかで「天頂に上がる2時ごろだって雲が厚くて雪が降っていたからダメだった」と夫が言っていた。朝7時でも「雪がワンワン降っているから真っ暗で真っ白だった」そうだ。ふたご座流星群は見えなかったけど雪景色が見られて良かったね。

三の酉がある年は火事が多いと言う。
気を付けなければ。

« クリスマスは近い | トップページ | 自家製春巻き登場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クリスマスは近い | トップページ | 自家製春巻き登場 »