« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月29日 (火)

今年の初タラノメ

今日は珍しく家族全員が休みで4人揃った。

日曜日に夫が那須からタラノメをしこたま採って来てくれたので夕飯はタラノメの天麩羅である。息子が小さい時に「山でとってきた草のてんぷら」と言っていたもの
(知らない人が聞いたら何を食べさせているのかと思われるよね)。さすがに山菜の王様はおいしい。毎年タラノメの天麩羅を食べて「春だね~」と言うのが年中行事になっている。

一緒に採って来たワラビはおひたしにした。

タラノメは諦めていたのだ。
先週行った時に 既に敷地内のタラノメの先の所が切り取られていたりしたから。あれをやられると枯れてしまうことが多いから困るし、うちのタラノメがホテルの朝市で売られているかと思うと腹が立つ。でも先週まだ芽が出ていなかったのは無事だったので敷地内のも採れたと言っていた。タラノメや山菜やキノコは家が建っていない無人の林でだけ採ってほしいものである。

今朝は朝早くから夫が庭のキンモクセイの剪定をしてたので、チョンチョンに切った枝を集めてゴミ袋に入れて。ゴミ袋5袋と太い枝をヒモで括ったのが5束になった。ゴミの日だったので収集車が来るまでに(いや、来るのは10時過ぎだけどさ)片付けなければならず 朝から肉体労働。2階のベランダより高かったキンモクセイは丸裸にされ、丈も肩くらいまでにされてしまった。ひどく日当たりが良くなった。何年か経ったらまた花が咲くかな?

午後は土を入れたまま放ってあったプランターや植木鉢の整理。中の土をぶちまけて、ゴチャゴチャだったのを重ねて塀の角の所にまとめたり古いのは捨てたり。出た土はポリ袋に分けて入れて連休で那須に行く時に持って行ってうちの林の中に撒く予定。庭も片付いて自転車置き場も広くなった。

明日からまた仕事なので 夕飯のあと、明日の夕飯用にカレーを作り、米を精米し、残ったタラノメをおひたしにした。これで明日の朝は米を研いで予約すれば済む。

連休は4日間休みが取れたから、連休に向けて明日からもうひとがんばりである。

2014年4月20日 (日)

老松温泉喜楽旅館見て来た

有吉マツコの怒り新党で「泊まれそうにない宿」の栄えある1位になった老松温泉喜楽旅館を見に行った。

今日は寒かったが 山の上はもっと寒くてダウンを着て行ってちょうど良いくらいだった。
20140420_0936401

20140420_0936141

本当にこんなだった。

これで 近所の民宿のおばさんの話だと「お風呂はキレイになっていてお湯はアルカリ鉱泉の沸かし湯だけどすごくスベスベになる」のだそうだ。

大人500円である。
入ってみたかったが、
道路の下をくぐる洞穴みたいな水浸しの狭い地下道を通って壁も天井もボコボコビリビリの廊下を通って行くのは・・・・やっぱりぞっとしない。お風呂に行くまでにお化け屋敷を経験したくはないし、入っている間に崩れて来るかもしれないと思うと、ちょっといいや になってしまった。

半分崩れているが、泊まれる部屋は下の方にひとつふたつあるらしい。とうていそうは見えないところが恐ろしい。TVでは部屋も映っていた。お風呂にはファンがいるらしいが、温泉好きの人ってそういうもんなんだろうか。

どうせお風呂に入りに行くなら子供たちを連れて行ける時にしよう。いやがるだろうなあ ヒヒヒ。


2014年4月19日 (土)

桜前線遡り

桜前線を遡るようにして那須に着いた。

 

東北道の途中の山も若葉がきれいな黄緑色だったのが矢板手前では木がまだ芽も出ていない。桜も走るに連れてドンドン花が増えて行く。那須の家の近所の桜は満開。まだ全然散っていない文字通りの満開なのだ。明日明るい時に見るのが楽しみ。

 

お風呂は途中で温泉に入って来た。まだ那須は寒いので、薪ストーブを焚いて夕飯。

 

今夜は熟睡できる。

2014年4月13日 (日)

春たけなわの那須

カタクリは盛りをすぎてしまったが、まだ咲いている
P3300164
これは3/30
4/13はこれ↓
P4130180
フキノトウはトウが立ってしまっている
P4130179
他にもこんなのやあんなのや
P4130183
スイセンもクロッカスもニラバナもムスカリも野生のスミレも。スズランは芽が出始めたところ。山桜はまだ。

もう少し経つとタラノメも採れるし 連休が楽しみ。

2014年4月 6日 (日)

夫と連休

昨日は私の春夏の服を買うのに付き合わせた。
夫は隣のペットショップで犬を見ていたのだが。
「いいのはいなかった」と。

今日は
メダカを買いに金魚屋に回ったら12月末で廃業していたので買えず ちょっと遠くに開店したばかりの大きなホームセンターに行き、春夏の花を買った。自然素材の除草剤というのも買えた。モールのABCマートで夫の靴も買った。

フードコートでお茶して帰って来た。

息子は中3の時の担任が転勤したので元のクラスの人たちが集まってのお別れ会で
6:30からしゃぶしゃぶ食べ放題に行っちゃったし。

夫婦でなんとなくあり合わせで夕飯。

なんとなく面白くないかも。
いや、夫婦で出かけるのが じゃなくてね。

2014年4月 2日 (水)

消費税アップ

カブトムシの飼育マットを買った。
当然のことながら消費税は8%。
3月中に買えば良かったかな。

思いついて引き出しに溜まった1円玉と5円玉と10円玉を数えてみたら485円あった。そこから毎日ちょっとずつ1円玉を取って行って使えば少しはタシになるかなあ。まあ485円分はタシになるのだろう。小さい話である。

今、物流はキ○ガイのように大変なのである。
物流の端くれで働くまで こういう世界だとは想像もしていなかった。

平穏に過ぎていたのは大雪の遅れが解消した3月始めから3/20まで。

渋谷で首都高が燃えて通行止めになったところからすごいことになっている。

関西方面への荷物も関西からの荷物も溜まりまくってどうにもならなくなったところへ消費税の駆け込み需要で荷物がド~~ンと増えた。

引っ越しを3月中に宅急便で済ませる人がこんなに多いなんて思わなかった。

それに加えてアマゾンや楽天での買い物、まとめ買い。に加えて日常的な会社関係の荷物は普通に というより普通以上に来る。

さらには年度末の工事渋滞が拍車をかける。

仕分けを20年やっている人が「こんなの初めて」と言うくらい荷物が殺到しているらしい。昨年末の大量集中の頃よりも大雪で送り出しできずに溜まった時よりも何倍もすごいと言う。

関わっていない人には全くわからないだろうが、ひとつのベースに毎日35000個からの荷物が送りこまれるって とんでもない量だと思わないか?ベースはいくつもあるのだから全国で一日に受ける量はどんだけ~?

これを仕分けて流すには毎日35000個以上さばかなければならないのだが、夜通しやってもトラックの数には限りがあるから溜まってしまうわけで。2日分溜まってしまったら もう置き場所もない状態になっているらしい。飛行機に積める量だって限りがあるから羽田もすごいらしいし。

お客さんは自分の荷物が1/35000とは考えないからね~。

「届かないならベースまで取りに行く!」と言われたって35000個(2日分約80000個?)全部ひっくり返して引き出せるものではないのに「なんでできないんだ!」と怒られたって ねえ。自分で探すんならともかく そんなことはやってられないわ。

あと多いのは「待ってるのに遅れるなら電話一本入れるくらいがなぜできない!」というもの。

ドライバーは運転中は電話できないから止まらなければならない。荷物は何百と載っている。センターには配達しなければならない荷物が何千も待っている。「遅れる」と電話掛ける相手は一人ではない。そんな時間があるならその時間に1個でも多く届けたい。

お客さんは自分一人の一個の荷物のことしか頭にないから そう言うのもわかるけど。時間指定を信用してくれているからそれに合わせて外出の予定を入れるのもわかるけど。「届いた荷物を持って行く予定」とか、綱渡りのような予定を入れるのはどうかと思う。

大雪で流通が止まった時だって、都内の人は「雪なんてないじゃない!」と言う人がどれだけいたか。新聞ニュースであれだけ報道していたにも関わらず「知らない」という人がたくさんいた。雪で流通が止まって食べる物にも困っている人たちがいるのに「カニが届かないと今日の夕飯が食べられない!」というのを一日に何件も聞いてゲンナリしてしまったものだ。

こういう毎日を送っていると大震災の時の「絆」って何?とつくづく思う。

消費税が上がってしまったけど まだ荷物が片付くまでどれだけかかるか「想像もできない」と言っている状態。

物流の人たちは毎日勤勉に働いているけどさばききれないだけなのだ。

お願いだから責めないでくれ。


« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »