« 冷凍庫の霜取り | トップページ | 水道管修理終了 »

2014年5月21日 (水)

水道管の破裂

ゆうべ帰って来たらシューシューとすごい音がしていた。

最初はお隣のガス管かと思ったが、ガスの匂いはしない。

音の源を探って行ったら水道の元栓の所からの音だった。

地面の蓋を開けてみたらメーターの手前の元栓の所からすごい勢いで水が噴き出していた。元栓をグリグリしても止まらないので元栓の手前でどうにかなっているらしかった。

お隣の人が「うちも去年同じようになったから水道局に言ったら無料で直してくれた」と言うので広報を調べてみた。

すると「8年を過ぎたメーターの無料交換」という記事があり、連絡先の電話番号も載っていたのだ。

早速電話。
「午前中に市の委託業者が行って確認します」と。

買い物に出てしまったが携帯に連絡あり「メーター手前で漏水が確認できました。金曜までに直しに行きます。留守でも工事はできます。料金は無料です」と。

以前、お隣で道路から1mくらいの所で漏水した時「道路から2m以内の管の修理は市が負担するから無料」と聞いたことがあって、今回メーターがある場所は道路から6m以上入った所だからダメなんじゃないかと思っていたがメーターの手前だからなのか無料なのだった。

公共事業って こういう所にもお金がかかっているものなのだということを知って、考えてしまった。

公共事業費の見直しとか予算削減が良いことばかりではないのではないか、と思う。こういう敷地内の水道管修理が全部住人負担になるかもしれないではないか。税額が変わらないのであれば、今回のような生活上必須のインフラを行政がやってくれた方が助かるに決まっている。

とりあえず金曜日までには直してくれるそうだが今日もシューシューと元気よく噴き出しておる。でも家の中で水が出ないということもなく普通に使えるので大丈夫なのだ。

« 冷凍庫の霜取り | トップページ | 水道管修理終了 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冷凍庫の霜取り | トップページ | 水道管修理終了 »