« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月30日 (月)

通学バッグの繕い

息子の通学バッグはリュック型である。

しばらく前から 蓋がかぶさっている側のファスナーの縫い目がほつれてしまっていた。

そのためファスナーを閉めても口が開いてしまう状態だった。

午前中の空いている時間には学校に行っているし、仕事終わって帰って来てからだと縫い物をする気力がないし しばらくそのままガマンさせていた。

買い替えるしかないか、とデパートに注文入れたが届くまで日にちがかかるとのことだった。

3/28まで春季授業がみっちり夕方まであり、4/2から新学年が始まるから新品が届くのが間に合わない。修理もできるが それも日数がかかるのでその間学校から「借りてくれ」と言われた。息子は先生に「貸してください」と言うのをイヤだと言う。

なのでとうとう繕うことにした。

今日は休みだったし、教科書を買いに連れて行ったり制服をクリーニングに出したり上履きを洗ったりして なんとなく気分が新学年モードに入っていたようだ。長期休暇がないので大変にあわただしいのである(夏休みも冬休みも3日くらいしか完全休みがないのだ)。

厚物縫い用の長い針と丈夫な黒の太糸を用意した。二本取りで返し縫いしておけば大丈夫だろう、という計画である。

マチ針で元のミシンラインに合わせてファスナーをチョンチョン止め付けておいて夕飯後に作業開始。

延長40cmくらいを裏表を確かめながらタテに真っ直ぐ針を刺してひたすら返し縫いで縫って縫って縫って・・・・・

家族に乾杯が終わる頃に出来上がった。

ファスナーを開け閉めしてみて無問題 よしsign03である。

「できたよ~取りにおいで~」と声を掛け、取りに来て「おおnote」とか喜んでいる息子に「直っちゃったからデパートに明日キャンセル入れようか」と言ったら「そういうことではない それはそれでこれはこれ」なのだと。あれれ?壊れて直している時間が取れないから新しいのを買うことにしたのではなかったっけ?

とりあえず縫い目を見なけりゃわからないさ。普通に使えるようになったのでよしにしてほしかったな。

本当にキャンセルしてやろうか凸(`、´X)。

2015年3月25日 (水)

スマホをなくすと

まず蒼くなるcoldsweats02

バッグの中を引っかきまわすbearing

無いと判明したら呆然とするcrying

一昨日夜の私である。

家に着いて真っ先にやったことは家電から通信遮断の手配。
GPSをOFFにしていたから位置情報が出ないかもしれないし。

指紋認証ロックかかっているから大丈夫とは思ってもとりあえずcoldsweats01

昨日は早くに出て会社に行く前に寄った靴屋やカフェや1時間休憩で行った店で「落とし物ないですか」と聞きまわり、会社のロッカーや落とし物箱を見て回り。最終手段で駅前交番に行ってみたら あった。

一昨日の夜、届けられて 今朝交代の時に警察署に持って行かれて「今は警察にある」と。

引き取りは朝8:30~17:00までとのこと。

仕事開始までに30分あったからタクシーで取りに行って来ようかと思ったが、ある所がわかっているし警察にあるなら安心だし。翌日は公休日だから取りに行けるし と思い留まった。

警察にあることが判明するまで「見つからなかったらどうしようsweat01」だった。中身の情報量ハンパないからね~。

今朝 警察署に行き、窓口が開くのを待って受け取って来た。

どこにあったかというと 会社のビルの1Fトイレだった。1時間休憩のあと、確かに1Fトイレに寄ったわ。1Fは歯医者があったり、不特定多数の人が利用するからビル内の会社の人とは限らないので防災センターではなく交番に持って行ったらしい。拾った人は清掃員の人だから「お礼や挨拶は不要」とのことだった。ありがたいことです。この場を借りてお礼を言わせていただきます。

ロックかかっているため番号もプロフも確認できず、連絡できなかったと言われた。そうなのか~中身が確認できたら家電とか家族とかに連絡してくれるのか~と思った。で 確認できないため内部のSIMカードを調べて昨日のうちに携帯会社に連絡して「持ち主に連絡依頼してある」と。警察ってそこまでやるんだ と感心してしまった。スマホをなくしたら持ち主から連絡があるだろうに、と思った。あきらめてしまう人っているのかな?

家に帰って 即 家電から通信遮断を解除notes

めでたしめでたしshine

今日、携帯会社から「重要」と書いた封筒が郵便で来て「警察にあるから取りに行くように」と。何と大げさな、と思ったが  スマホがないからメールでお知らせできないし、家電は契約時に書いたような覚えがあるけど中には家電がない人もいるだろうし。そうなるとFAXでもメール でもなく連絡手段は郵便になるわけか、と目からウロコ。

二晩スマホなしで過ごしたが、メール送ってくれた人から家電に電話かかってきたし、通信遮断解除したらラインが溜まっているし、それだけでもやっぱりないと不便なのであった。

今後はバッグにヒモ付きにしておこうか。

2015年3月22日 (日)

カタクリ満開

1426994563913.jpg

那須の家のカタクリが満開だった。8畳以上の範囲に広がったのでとても全体は入りきらないので一部分だけ。タネが飛んだらしくて通路や通路を挟んだ花壇にも咲いている。

連休が取れたので那須の家に行けた。
去年行けたのはカタクリがタネを付けてからだったから たくさん咲いているのを見られてうれしかった。

久しぶりの那須。
すっかり春めいていた。

金曜の夜、仕事が終わってから夫と息子と3人でパヒュ~ンと行き 満天の星がお出迎え。

土曜日はお昼を東小屋のおそばで済ませてからメガドンキに買い物に行き。帰って来てから息子は薪割り、父は倒した木の枝打ちと玉切り。夕飯の支度をしておいて自在荘で温泉に入って。

日曜日、父はカブトムシケースの台作り 息子は薪割り 私は読書。

夕方までゆっくりして帰って来た。

2泊できると本当にゆっくりできる。

クロッカスも咲いていたし水仙の葉も蕾も出始めた。ブルーベリーやグミには花芽が出ていたし、これからムスカリやニラバナも咲く。

お天気に恵まれて良い連休を過ごせた。

2015年3月12日 (木)

春ごはん

1426170581925.jpg
本日は休み

なので豆ごはんに絹サヤの味噌汁、手作りハンバーグに付け合わせも全部手作りで春のごはんになった。

IHだからコゲ目がきれいに付かないのだが 一応真ん中にチーズも入っている。ホウレンソウは高いからタマネギやレタスやパプリカのサラダを付けて、ニンジンは甘くしないで煮ただけだけど。

いつも夕飯は朝作ってから仕事に出るのでハンバーグは手作りできない。タマネギのみじん切りに火を通して冷ましてからでないとお肉と混ぜられないから。冷めるのに時間がかかるもの。

ハンバーグは息子のリクエスト。

スーパーの生ハンバーグを買って来ようと思ったら「お母さんの手作りの方がおいしい」と。「売っている物よりお母さんが作ったのの方がおいしい」と。これは作らざるを得ませんなあ。

よくぞここまで餌付けできたものだと自分を褒めてやりたい。

うまいものを家で食べさせておけば不良にならない、の信念のもとにがんばって来て良かった のかどうか。
嫁さんが苦労しそうではある。

タマネギを冷ましている間に圧力鍋で豚の角煮を作っておいたので 明日は朝ブロッコリーを茹でるだけで済ませてしまおうと思う。



« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »