« バタバタ | トップページ | 大車輪で働く »

2015年8月22日 (土)

ゲゲゲ

うちの会社に派遣で来ていて、今は別の派遣先に行っている人とお茶に行った。

うちの派遣が終わってからも何度も何度もお茶に誘われていたけど うちは土日祝が休みじゃないし都合がつかないからいつも断っていた。

うちの会社が終わってから4か月経っている、たまたま今日休みだったので いつも断ってばかりじゃ悪いかと思ってお茶に行くことにしたのだ。

しかし

行ってみたら知らない人と2人で来ていた なぜ?

早い話が新興宗教の勧誘だったのだな。
鞄の中からその宗教が発行している新聞をバサバサ出して来て。

『大上人様』とやらが救ってくれる、とか 信じることで宿命を変えられる、とか。

「宿命」ってのは変えられないものを言うんじゃなかったっけ?私的な解釈だと 宿命という言葉は何かが起こったあとに後付けで「そうなる宿命だった(だから諦めるしかない)」みたいに使うモノだと思っていた。変えられるなら未来に起こることがわかっているってことで。そうならそれは宿命でもなんでもなかろうが。

みたいなことを頭の中でツッコミ入れつつ、どうやって逃げ出そうかと思って聞き流していた。

いやはや、福島原発から川内原発から中国の油田開発からアベ首相の病気からアメリカとの安保問題から いろいろ言っておったな。第2の公明党でも作りたいのか?

ちょうど12時になったところで「次の予定があるから」と割り勘にして席を立った。

久しぶりに会うから、と那須の家で採って来たブルーベリーを持って行ってバカをみた。

一緒に仕事していた時期に話をしていて、私に宗教的な他力本願が必要かつ求めているように思われたのだろうかと思うと気分が悪い。

あ~~時間を無駄にしてしまった。

« バタバタ | トップページ | 大車輪で働く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バタバタ | トップページ | 大車輪で働く »