« 今年初の渋皮煮 | トップページ | 休みだ! »

2015年9月10日 (木)

惨状!

日本各地が大惨事に見舞われている。

TVはずっとその様子を放送している。津波の時もそうだったが気の毒で見ていられない。

自宅も実家も那須の家も水害とは無縁の場所なので、今までに水が出たのを経験したことがない。はっきり言って想像もつかないのだが、生活が破壊されるというのは恐ろしいことだと思う。

今日は娘と私は公休、息子は学校だったが乗り換え駅から8:30に電話して来て「電車が止まっている。学校に電話したら自宅待機だと言われた。戻ろうにも人がいっぱいで
地下鉄駅に下りるのに外に並んでいる。迎えに来て」と言う。

並んでいれば地下鉄は普通に動いているんだからそのうち帰れるから、と言って迎えには行かなかった。20分後にどうなったかと電話してみたら「自宅の最寄り駅に着いたところ」だと言う。ほらみろ、たいしたことなかったじゃないか なのである。9時過ぎには帰って来た。

高校のHPで『電車運休のため臨時休校』のお知らせが出たのが9時過ぎ。遅いと思うが止まったのが8:05(ちょうど息子が乗る電車の時間)だから仕方ないか。夕方またHP開いてみたら『13:30に全員完全下校した』そうな。運休前に登校していた人たちはどうやって帰ったのだろう。

しかしある意味幸運だった。ちょうど乗る予定の電車から運休になって。もしもそのまま動いていて線路の陥没部分で事故にでもなっていたら大怪我したかもしれないのだから。

うちの被害(?)はそれだけだったが、水害に遭った映像を見ながら「明日も電車動かないかな~」と言う息子。「朝から保線の人たちが直しているから明日は動く」と父に言われてガッカリする息子 コラコラpout

それにしても「500年に一度来るか来ないかわからない大水のために今スーパー堤防にお金を使うのはムダ!」と切り捨てた某国会議員は あの映像を見て何を考えるか聞いてみたいな。いつ来るかわからないから備えるわけで大昔から治水は政治の根幹だったはず。オランダの堤防を守った少年の爪のアカでも飲ませたいものだ。というか、まだ国会議員やっているんだよね。

« 今年初の渋皮煮 | トップページ | 休みだ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年初の渋皮煮 | トップページ | 休みだ! »