アニメ・コミック

2017年8月22日 (火)

コミックコミック

ゲオでコミックを借りるようになってしまったのでガンガン読んでコミック漬けである

7泊8日で10巻借りても ほぼ徹夜で読んでしまうので損しているかもしれない

なので今回はまとめて感想文

いぬやしき・PLUTO・ちはやふる・獣医ドリトル・空母いぶき・金の国水の国・ダンスダンスダンスール・大正処女御伽話・海街diary・重版出来・約束のネバーランド

で 今は家にあるコミックを読んでいる
今日は「シャカリキ」

「重版出来」はドラマになったりしたらしい 一言で言ったら編集者版「バクマン」
内容が非常に良くできているし面白いが絵が下手 バストショットやアップは良いが引きで体のバランスが悪い 俯瞰になるとさらにひどい 特に足の描き方が下手 ドラマを楽しむものだった

「約束のネバーランド」は2巻までしか借りられなかったが 1巻途中から、この話はどこかで知っている感があって
考えるまでもなかった カズオイシグロの「私を離さないで」の換骨奪胎版だね 基本設定がパクリ これであの子供達がクローンだったら完璧に設定をパクっている この先は違って来るのだろうが これはもういいかもしれないと思ってしまった

ということで
ちょっと貸本熱が冷めたようだ
しばらくは家にあるのを読むことにしよう

しかし「いぬやしき」完結本が出るのは待ち遠しい

2017年6月 5日 (月)

昭和元禄落語心中

はまってしまった

AmazonのKindleストアで1巻と2巻が無料だったのでDLしてみたらはまってしまった

アニメになっているのを知って、プライムビデオを開いたら なんと!!全部無料のプライムビデオではないか!

1シリーズ13話と2シリーズ12話全部 即座にDL

全部見終わって、やっぱり原作読みたいので仕事帰りにGEOに寄った

3~10巻が残っていた
1. 2はスマホで読んだから無問題

読んでみてビックリした
アニメのコンテが原作コミックそのまま 変な登場人物を足したり男を女にしたりもなくアングルも忠実に再現されていて満足

全部堪能してWikiで検索してみたら たくさん賞を取っていたんだ これが

知らなかった

私のお気に入りは与太郎と松田さん いい味出している 八雲を襲名した与太さんは良い年の取り方で貫禄も出て 堪らない

すごい掘り出し物をした気分で この3日間は幸せだった 睡眠不足になったけどね

2014年3月28日 (金)

銀の匙

映画になったらしい。

娘が今日はバイトが休みなので「TSUTAYAに行く」と言ってたから「ついでに『銀の匙』があったら借りて来て」と頼んでおいた。

帰ってみたら「6巻だけなかったから5巻まで借りて来た」と。

まだ1巻目だが確かに面白い。

巻が進むとどうかは知らない。

「弱虫ペダル」なんかは10巻読んで「もういいや」になった。だってどんどん話が正統派の自転車ロードレースからはずれて行って、ほとんど自転車版「イナズマイレブン」の世界になってしまったんだもん。まだ「シャカリキ!」の世界の方がハズレ方が現実的だった。

さて『銀の匙』は先が楽しみである。

2014年2月26日 (水)

JUNK HEADすごい!!

今朝のTVで紹介されていたので、すぐにスマホでYouTube開いて観てみた。

コマ撮りアニメだというので。
うちにもガンプラを使ってコマ撮りしてはYouTubeにアップしているヤツが
一匹いるもんでsweat02

いやはや

凄いsign03の一言である。

キャラ設定にもジオラマにもストーリーにもうならされた。

仕事の合間に4年かけて一人で作ったものだと言うが、趣味の範疇ではない。ハリウッドから監督としてのオファーが山ほど来ているというのもむべなるかな。

大画面で見たくて、夜PCのモニターで全画面にして再度鑑賞coldsweats01

ところどころに入るくすぐりもGoodだし、ところどころに出て来るうなぎに足が生えた小さい子もかわいい。

これは息子に観せたら大変なことになってしまいそうである。「オレもbomb」などと言ってコマ撮り熱が沸騰してしまいそうhappy02

だからナイショにしておかなければ。

でも教えてやったら目がキラキラ~shineshineになるだろうな~happy01

少なくとも学年末試験が終わるまではナイショにしておこう。でも自分で勝手に見つけてしまうかな?いやいや もう知っているかもsweat01

う~~ん聞いてみたいが言ってはいかんぞ~angryなのである。

興味がある人はYouTubeで検索してみて。

2013年8月25日 (日)

鈴木先生

「何を今頃 鈴木先生?」と言われそうだが、TSUTAYAでコミックレンタルを始めて 10冊500円だったから全11巻まとめて借りて来たのである。

TVドラマになったのも知っているが見ていない。「どこにでもいる平凡な教師が悩む話」みたいに言っていたようなおぼえがある。軽い気持ちで読み始めたのだが これが
トンデモナイ代物だった。鈴木先生みたいな人は「どこにでも」いないし「平凡」でもない。人並みに悩みはするけど自己完結で立ち直れちゃう。平凡なのは名前だけ(仕組んでるな~)。

内容については言わない。

絵ははっきり言ってヘタ。

作者の言語能力(思想を言語化するチカラ?)が圧倒的な圧力と物量で迫って来る。

しかし読み進んで行くうちに「うん?ちょっと待てよ」になった。

鈴木先生は他人(保護者 生徒)の言うことを聞かない。と言うか言わせない。「お母さんはちょっと黙っててください」で黙らせる。生徒がなにか言うと「今おまえは○○○と言ったが それはこういう意味になるのをわかっていてその言葉を使ったのか」と黙らせる。こういうのを「言葉尻をとらえて難癖をつける」と言うんじゃなかったっけ?と言いたくなるような場面もある。また それを中学生が真似をして「さっき こういったけど」と同級生に詰め寄ってたりする。

つまり鈴木先生はディベートはしていない。相手を黙らせて叩きつぶすまでやるのが討論だとしたら それには成功しているが。

ただし ここからが一筋縄ではいかない人で、ちゃんと相手が深く考えるように持って行くのだ。世の中言葉の裏や奥にあるものまで読んで深く思考できる人ばかりじゃないんだけど「そうか
flairだから先生はああ言ったんだsign03」と ほぼ全ての人(生徒 親 同僚の先生)が納得してしまう。まあ「わかってくれたcatface」とホッとしている場面もあるけど わかってもらえるまでしゃべり続けているという自覚はなさそうである。

スゴイぞ鈴木先生
(≧∇≦)
あのロジックは
(*^m^)
これでもか、と浴びせかけて来る過剰な言葉。あれを現実に聞いたら咀嚼しきれなくて消化不良を起こしそうだけどな。

あれだけ言いたいこと言っている間 黙っててくれる人ばかりじゃないはずだが。そういう意味でリアリティはない と思う。間の取り方がうまいのだろうと思うが、ソクラテスの対話もかくや、と思わされる場面がてんこ盛りである。

みんなが言いたいことを言い合って解決してしまう ということは現実にはないように思う。そういうことができないから思春期の子供たちはウジウジしてたり悩み多い中学校生活を送ったりしているわけで。

性の問題はこれでもか、というくらい描いているが 今世間で一番(たぶん)問題になっているイジメの問題には触れてはいるが踏み込んではいない。さすがにハードルが高かったか?

と書いて来たが「鈴木先生」を否定するものではない。こういうロジックで迫れば人間が未熟な中学生も納得しやすいよなあ という目からウロコの経験ができる。少なくとも「金八先生」よりは共感しやすいだろう。『正論』をナマで振りかざすのではなくテクを駆使している。

結論 思考を他人にきちんと届く形にして言語化する能力は大事だ。これじゃダメかな?

余談になるが
巻末に解説を書いている人たちって大変だっただろう と思う
sweat01

2013年8月12日 (月)

コミケ最終日

(月)だけどコミケ最終日なので 本当に朝すごかった。

8時前のりんかい線の乗車率は相当なものだったと思う。コミケに行く若い人たち、女の子は大きなキャリーバッグを持っている子が多いからなおさらである。あの中身はコスプレ衣装なのかな?新宿で座れちゃったから私は大丈夫だったけどさ(笑)大井町の駅員さんがドア閉まる直前に「さあup思いっきり~sign03」と叫んだので車内の若い子たちが大笑い。ルーティンワークに出かける会社員の人たちとの温度差はかなりなもの( ^ω^ )

駅から出るにもエスカレーターを降りてからグルッと構内を回らなければ出られない。さらに駅前からビッグサイトまで全部人で埋まって なかなか進まないのでロータリーを反対側から回って行った。そっちも人が溜まっていたけど三角コーンで「コミケの人は通行禁止」の通路が作ってあった(笑)
20130812_1306361

9時前に19階から見た時は階段も橋も人で埋まり 橋を渡った所の広場(写真右上の四角い所)に たくさんの人が何組にも分けて整列させられてキッチリ座っていた。コンクリが焼けて熱いだろうにと思ったが たいへんに皆さんお行儀がよろしい。

休憩の時に見た時は みんな中に入ったあとらしくて それほどの人は歩いていなかったが 1時過ぎに12階から見た時には こんな↑だった(上の写真参照のこと)。

コミケは4時終了とのことだったが 6時に会社を出た時には まだた~~くさん残っていてベンチや芝生や道端に座り込んで(へたり込んで?)いる人多数。

6時過ぎたとたんにバタバタと大粒の雨が降り出したので駅も混んだ。

駅前のコンビニでは売れ残りの萌えキャラクリアファイル(350円)などのグッズ販売をしていた。今日売っちゃわないと明日からは売れないものね~。

ゴミの量もすごくてゴミ集めの人の数もハンパなく多かった。暑い中でたいへんなことだ。おかげさまでゴミが散乱することもなくキレイだった。

あと多かったのは救急車の数。休憩時間に見ると必ず何台か走っていた。何回出動したのやら。

こちらは一日中エアコンのきいたビルの中にいて冷えてしまうから、休憩ごとに外に出たりしているが コミケに行った人たちはさぞかし暑かったことだろう。

帰りの電車で「今日で終わってくれて良かったよねえ。朝早くに出なきゃならないし これが何日も続いたらやってけないわ。」と言っている人がいた。そうだよね~。

でも私的には 朝黙々と歩く会社員だけでなく、ワイワイと楽しそうな群衆を見るのもけっこう楽しかった(笑)

 

2013年8月 9日 (金)

コミケー2

去年の夏コミの参加者は56万人とかΣ( ̄ロ ̄lll)

とにかく人出はすごかったらしい。

去年の夏コミ冬コミの時のことを知っている社員たちによると「電車は始発から乗車率200%だから いつもより30分は早いのに乗った方がいい」とか
sweat01

その他 会社からの注意事項として
「お昼は周りの店がコミケでいっぱいになるのでお弁当持参のこと」であり「当ビル内の店に来る人もいるからIDカードを常に下げていること」というのがあった。なるほど。

もう周辺のコンビニ(これがあきれるくらいたくさんある。各ビルに1軒ずつは確実にあるね)は 今日からコミケモードに突入。前からジュースの箱を各種山ほど積み上げてあったが 今日はとうとう店の前にジュースを冷やす子供プールみたいな箱をたくさん並べてホースで水を入れて。

暑いし どんだけ~
sign02と言いたくなるくらい売れることであろう。

それにしても56万人かあ・・・・・
ディズニーリゾートが1日8万人とか言っているが 東京ビッグサイトはそれより狭いのに・・・・土日に20万人ずつで月曜が16万人くらい?ウヒャ~。幕張メッセでやる次世代WHFには何回も行ったが あれも狭い会場にモリモリに人がいてとんでもない代物であった。ビッグサイトはそれよりは広いだろうが どんななんだろうね。

怖いもの見たさもあるけど 様子は月曜に見られるから土日は行かないのだ(笑)

2013年8月 7日 (水)

コミケ始まるよ~

今週末から東京ビッグサイトでコミケが始まる。
ので 駅はこんな風になっている。

いやあ(月)の朝 駅に降りた途端に「いったい何が起こったのだ」と思ったhappy01
20130807_1822111

天井からはコードギアス、エスカレーターの壁には電撃文庫やら何やらラノベ系文庫の萌キャラが隙間なく張り巡らされて こんな感じである。なんとなく心が浮き立つものがある。文化祭みたいなもので、きっとやってる人たちは楽しいんだろうな。

20130807_1823051

期間中 どれくらいの人がこの駅を利用するのだろうか。

ビッグサイトから 徒歩5分圏内に駅が3つある。ゆりかもめの駅もこんなになっているのかどうかは知らない。もっとすごいことになっていたりしてね(笑)

月曜までやっているそうだが 月曜は会社が営業しているから 文化祭気分も垣間見られる かもしれない。夏休みだし、月曜の朝 電車がひどく混んでたらイヤだなあ。

と言いつつ定期持ってるから土日にコミケに行ってたりして(爆)

 

2013年4月27日 (土)

鉄拳の仕事

20130427_1331431

20130427_1330261

高島屋の1F、駅から地上に降りて行くエスカレーター脇のイベント広場で こんなのをやっていた。朝から準備していたのを見たので仕事の帰りに賑わっているのを見て寄ってみたのだ。

鉄拳がYouTubeにアップしたパラパラマンガが世界中で評判になっているのは知っていたし観たこともあるが、現物はなかなか見られるもんじゃないから

壁のクリップボードにはパウチした原画(のコピー?)が吊るされていてパラパラできる。

巨大モニターでパラパラマンガが放映されて、長机には紙と鉛筆などが用意されている。パラパラマンガ作り教室みたいのもやるらしい。

パラパラマンガって子供の時にノートの隅っこにチマチマ描いて遊んだ覚えがある。たいていの人がやったことあるんじゃないかな?

たぶん だから 縮小された原画(写真1枚目)を見た人たちからは「すごい」の声が上がっていた。子供の時のパラパラマンガとは量もレベルも全然違うものね。

うちの息子が今凝っているガンプラを使ったコマ撮りアニメも根っこはパラパラマンガにあるわけで。言ってみればデジタル版のパラパラマンガ。なめらかな動きを作るために5秒間の動画に280枚の写真を使ったりしている。

アニメっていうのは進化したパラパラマンガなわけだが 鉄拳は全部自分で描くことで より洗練された形で原点を見せてくれたので評価が高いのだと思う

もしかしたら 鉄拳が来るのかもしれないけど 原画を見られただけでヨシにして帰って来た。

 

2012年10月 7日 (日)

無料電子書籍

「ブラックジャックによろしく」が無料で配信されている。

作家と出版社の間でゴタゴタがあった結果らしい。その辺の事情は良くわからないが『無料』ってのはすごいと思う。

PDFでダウンロードもできる。1巻をダウンロードしてみたがPDFなのでタテに一枚ずつ進むのがどうも・・・・・本はやっぱり見開きでないと・・・

それで“Book Live!”からもらうことにした。
古い作家のを読むのに青空文庫は使っていたけど iPadもiPhoneも使わないから電子書籍を買ったことがない。

Book Live Readerをダウンロードして無料会員登録して13冊まとめてダウンロード。簡単だし早い。一応『購入』するのだが料金は¥0なのである ホホホ~。

立ち読みもできるので「宇宙兄弟」とかも立ち読み。ついでに向井万起男さんのエッセイも立ち読み。

これ案外はまるかも。
なにより本の置き場所に困らないのは良い。
本は紙でなくちゃ、とも思うけど。
これって『本』と言っていいのだろうか?

今日は「ブラックジャックによろしく」13巻を読破。