ペット

2017年11月 3日 (金)

今年は124頭

今日は夫が休み

なので
早朝からカブトムシの土替えを始めた

今年は はやけたのを次々成虫用ボックスに移したので幼虫が居るボックスは2つだけ

片方には94頭。
もう一つには30頭 計124頭である

4つのケースに土を作って30頭くらいずつ分けて入れた

大騒ぎで
「ゴミ袋持って来て」
「マットの袋開けて」
「マット足りないから買って来て あと5分でホームセンター開くから」

一人でやってほしい
私は12時から21時まで仕事に行くのだぞ

カブトムシの合間にゴミ棄てをして洗濯して夕飯の米を研いでタイマーかけて チキンをオーブンで焼いて 夕飯の支度して お昼ご飯作って 忙しかったんだぞ

更に自転車でホームセンターまで買い物かよ

会社まで送ってってくれたけどさ

1日が長かったよ~

2017年7月21日 (金)

今年も貰われて行った

カブトムシ達が全員 子ども会の子たちに貰われて行った

去年子ども会の会長をやっていた人が、今年は会長さんじゃないのだが 今年もカブトムシ配りをやってくれた

今年は羽化不全起こした個体が多い上に時期的に去年以上に早く出て来たから死んでしまったのが多かったので配れる数が少なかったけど

それでも喜んでくれたみたいで「また来年もよろしくお願いします」と言われた

来年はもっとパワーアップする計画らしいし どうなることか

ヤバいよヤバいよ な気分

2017年7月 5日 (水)

流血

hontoで「獣医ドリトル」が3巻まで無料だったので 朝から読んでいた

そのせいばかりではないけど

犬の手入れをした

バリカンと犬用爪きりと毛ガキとスリッカーブラシとハサミを持って外でお手入れ

ブラッシングして腹を見せた所で腹毛をバリカンに刈る

足先の毛もバリカン掛けて爪きり

耳裏や関節部のブラシ掛け
毛玉でほぐれにくい部分はハサミでカット

全体を毛ガキしてブラッシング

爪きりで流血😫    

犬の女の子(失礼😅トリマーさんて言うんだっけ?)みたいにヤスリ掛けまでできないし~

もっとひんぱんに爪きりしてやればいいのかな

とりあえずは腹毛も爪も毛玉っぽい所も
サッパリした

2017年6月29日 (木)

カブトムシ戦線拡大か

カブトムシがはやけて1週間以上経った

去年は子供会のラジオ体操の日に全部配ったのだが今年は7/21だとのこと

それまで元気にしていてくれるか少し心配だった

今日、休みで家にいたら この間屋根の修理をちょっとやってもらった職人さんが来た

「カブトムシをもらえないか」と言う

聞けば児童保護施設にボランティアに行っているのだそうで

「ああいう施設の子たちは親にカブトムシを買ってもらえないから」というので

どうぞどうぞ好きなだけお持ち下さい である

うちにあった箱に7.8頭入れて持って行った

今日のうちに持って行く 施設には飼育箱も昆虫ゼリーもあると言うので とりあえず着くまでは大丈夫だろう

帰宅した夫に話したら
「子供会でもいいけど、そういう施設にあげられるように水槽を増やそう 90cmのが山の家に置いてあるから持って帰って」と言い、置き場所をどこにするか ここかあそこかと外をウロウロ

広い方のベランダ(8畳以上ある)に水槽を全部上げてしまおうか とかタワケたことまで言い出して

今だって狭い方のベランダ下に60cm水槽が5個もあって、台を作って網を張った蓋を作って雨が吹き込む所には雨除けの屋根を掛けて すごいことになっているのに更に90cm水槽を増やすのはやめて欲しいのだが

台やら蓋やら屋根やらを作るのは夫だし~土を篩って幼虫を移したり世話するのも夫だけどさ

はやけた成虫にエサやりするのは私だ

これ以上大量のカブトムシがはやけて来たらエサやりもエサ代も大変になる

施設の子供達にあげると喜ぶだろう、って思ってカブトムシを育てる人というのも悪くはないんだけどね~

カブトムシ戦線がどこまで拡大してしまうのか 大変不安なのである

2016年9月22日 (木)

カブトムシ幼虫196匹

朝から5時間かけてカブトムシの土換えをした

どんどん水槽が増えるから今年は水槽4個

ほじくり返して大きな盥に移して土を振るって 
空になった水槽に新しい飼育マットを入れて 
振るった土も入れて 
水槽1個に40くらいずつ戻して
次々水槽をほじくり返して幼虫の数数えたら全部で196匹 

40ずつでは36匹余るので 残りは適当に振り分けた

来年どういうことになるのか恐ろしい

2016年7月24日 (日)

カブトムシほぼ完売

子供会でのカブトムシ配り2回目

今朝も6時に会長さんが車で水槽を取りに来て持って行った

(金)にもう一つの水槽にいたカブトムシを全部移しておいたので、オス30メス26入っている

メスは土に潜っているので掘らないと捕れないことを伝えた 7時に返しに来たが 見事にカラになっていた

土の中にメスが少し残っているかもしれないと言っていたが ほぼ完売

会長さんが持って行った時にはもう6人くらい待っていたそうで、続々やって来て みんなすごく喜んで持って帰ったとのこと

「あんなに喜ぶと思わなかった」と言っていた

まあ あれだけいればデパートで買うのと違って、ちょっとしたつかみ取りを楽しめるし 選べるってのも良いのだろう

さて うちの土の中に卵は残っているかな?来年は出ないかもしれない でも那須ではまだこれから出るだろうから夫がまた採って来るかもしれないな

2016年7月21日 (木)

カブトムシ配布

カブトムシがもらわれて行った

前から子供会にカブトムシをあげると言ってあった
夏祭りの時、と言って来たので 夫が「それまでもたないかもしれない せっかくあげてもすぐ死んでしまったらうれしくないだろう」と言ったので ラジオ体操の時に配ることになった。初日と(日)に水槽ごと持って行って配ることにしたと。

で 今日はラジオ体操初日 雨でラジオ体操はできないけど もらいに来る子供がいるだろうからと、朝5時過ぎに水槽ごと取りに来て持って行った

7時過ぎに水槽を返しに来た 「18匹くらいもらわれて行った」そうだ あらかじめ「欲しい子は虫カゴ持参で」とお知らせしておいたとのこと 中にはお父さんに頼んで飼育箱と土を買ってもらって持って来た子もいたそうだ

5匹くらい持って行った子もいたそうで「メスも欲しい」と言ってた子もいたのだそうだ 今年はメスの数が少なかったが、(日)にはもう一つの水槽も持って行ってもらうようにしよう

雨なのにたくさん来たとは 張り合いがあってうれしい しかし メスも持って行ったら もうずっと何年もカブトムシスパイラルに落ち込むぞぉ いいのか~(笑)

ちなみに一昨年幼虫を分けてあげた同僚宅では めでたく子孫が生まれたけど、5月にバルサン焚いたら水槽はベランダに置いてあったのに土の中でサナギが死んでしまったらしく一匹も出て来ないと言っている。バルサン恐るべ
し!

2016年6月18日 (土)

カブトムシ1号

今年初のカブトムシが出て来た

一体何代目になるだろうか

朝早くにオスが一頭出ていて、昼近くに見たら裏返しになっていた もうお亡くなりになったのかと触ってみたら動くので表返しにして水を撒いてやった

帰って来たら カブトムシが2頭になっていた

夫がエサを与えたらしく虫ゼリーにたかっていた

どうも朝の1号とは違うようで では1号はというと潜っているようなのである

さてさて いよいよカブトムシが次々にはやけて出て来る季節になったので これから毎日エサの世話が大変になる

明日はバナナを買って来なければ

2015年8月30日 (日)

カブトムシどうしたんだ!

1440919126849.jpg
カブトムシの土替えをした。例年なら11月にやることなのだが。

10日ほど前に 幼虫を育てていた水槽のガラス面に大きな幼虫の姿が見えたのだ。

「え~sign01なんでsign02」なのである。
はやけて出て来た成虫はすぐに60cm水槽に移していたから 幼虫用水槽では卵を産んでないはずだったのだ。

でも どう見てももう終齢に育った大きさなのである。8月にあり得ないでしょcoldsweats02

そうは言っても もうここまで育ってしまっていては放ってはおけない。

とりあえずその日は土を10リットル足しておいて、今日土替えをした。

夫は土替えのために那須の家から舟と篩を持って帰って来ていた。

ホームセンターで飼育マット10リットル入りを4袋買って、土替え開始である。

まず、成虫を入れておいた60cm水槽を下ろして中の土を舟にぶちまけて手で固まった土を崩しながらさらってみたら卵と小さい幼虫が計20個くらい出て来た。

「そうだよね~この時期じゃまだこうでしょ」などと言いつつ卵と幼虫を取り分けて土をふるって新しいマットと混ぜて
、取り分けておいた卵と幼虫を中ほどの所に戻して 元通り水槽に戻した。

さて、大きく育った幼虫の水槽(60×45cm)を下ろしてみたら 10日前に足してやったマットが減ってしまって、もう全部真っ黒な土に変わり表面はフンだらけになっているではないか。

端から手で土を掘り、出て来た幼虫(デカイsign03sweat02)を60cmのタライに移しつつ数を数えた。

写真のような幼虫が
全部で82匹いたsweat01

いくらなんでも82匹では過密過ぎて育たないから、もうひとつ60×60cmの水槽に分けることにした。

土をふるってフンを取り除き、マットと混ぜて水で湿らせて 新しい水槽と幼虫用の水槽に分けて入れた。その上からタライに入れておいた
幼虫を数えながら土と一緒に戻してやった。

新しい水槽と幼虫用水槽に35匹ずつ。成虫用水槽には卵と小さい幼虫がいるから残りの17匹を入れた。

もうどれもみんな幼虫用水槽になってしまったな~。

土をふるってフン
(ゴミ袋いっぱい分)を取ったので減ったし水槽を分けたので、マットが足りなくなってしまったが それはまた減り具合を見ておいおい足してやることにした。ホームセンターにも4袋しか残ってなかったし また買いにいかなくてはならない。

しかし今の時期に終齢にまで育ってしまって いったいいつ成虫になって出て来るのか想像もつかない。確かに今年は例年より早く6/19に成虫になって出て来たが、幼虫の育ち方は例年より3カ月も早いわけで、その計算でいくと来年は春早いうちに出て来ることになる ホントか。

今年の夏が暑すぎたせいなのか。カブトムシ一体どうしちゃったのか、先行きが心配なことである。無事に成虫になれるのだろうか。

2015年6月19日 (金)

カブトムシ誕生日

今年初めてのカブトムシが誕生した。

朝6時前に夫が「カブトムシ3頭出ている。」と言った。 8時過ぎにゴミ出しのついでに覗き込んだら5頭いるではないか!! ごはんをあげなければならないがスイカもメロンもバナナもない。 会社で同僚にもらったビワが7個あったのでとりあえずそれを転がしてみた。 カブトムシがビワを食べるのかは不明だったが、食べ物なので大丈夫ということにした。

夜、夫が帰って来た時はビワにしがみついて離れなかったらしい。 夫は裏のホームセンターに行って大袋のマットを2つ買って来て、空けておいた60センチ水槽に土を入れて はやけたカブトムシをそちらに移しておいてくれた。 私は仕事終わってから肉のハナマサで小さいメロン(2個500円)と児玉すいか(500円)をカブトムシのごはん用に買って帰った。

はてさて 面倒を見なければならない存在が増えてしまった、だけでなく これからどんどん増殖することを考えるとめまいがする。

より以前の記事一覧